東京転勤で車持ってくメリットデメリット。陸送はいくら?駐車場代は?

tenkin 知らないと損

東京に転勤になったら気になるのが今まで乗っている車をどうするかじゃないでしょうか?
転勤先に持っていくべきか、それとも置いていく?いっそのこと売ってしまったほうがいいのか?
悩みどころの一つですよね。そこで、車をもっていくメリットデメリットについてまとめてみました。

 

東京に転勤決まったら車持ってくメリット

「都内で自家用車は必要ない」という意見をいろんなところで耳にしませんか?
もちろんあったほうが便利なのは間違いないですが、実際なくても生活に困ることはないのが現状です。

メリットはやっぱり便利
水物や家具など大きくて重たいものを買った時に役に立ちますしね、イケアとかで買い物もできますしね。
今まで乗っていたのならメリットは十分わかっていると思いますが^^
23区であっても小さい子供がいる家庭では車1台はほとんどの人が持ってます。日常の買い物、子供の習い事、子供の病院など結構頻繁に使いますし、選択肢が広がるのが良いところでね。

 

転勤先に車を陸送するといくら?デメリット

陸送、輸送は結構高いです。
埼玉⇒東京間でも安くて3万円くらいします。距離が遠ければ遠いほど高いので10万円以上になることもあります。
思い入れの強い車であればお金をかける価値もあるとは思いますが、あまりに高いと買い替えのタイミングととらえてもありかもしれません。

 

東京の駐車場代はどれくらい?

やっぱり都会は駐車場が高いです。
23区では平均月2~3万で、麻布は5万円にもなります。郊外だとしても当たり前のように1~2万円はします。
よほど安いところを見つけることができるのであれば都内でも車生活はアリですが、安いということは郊外であったり、なにかしらデメリットがあります。
例えば、駐車場と自宅が遠い とか・・・これは結構なストレスですよ。ホント、辛いです。
急いでいるときとか忘れ物をしたときは「家の目の前に車が置けてたらな~(*_*)」って心底思いましたしね。

 

転勤が終わるまで保管という選択肢

転勤が終わったらまた乗りたいというケースもあると思います。
実家など家族が乗るのであれば自宅に置いて使ってもらうこともできますが、そうでなければ駐車場などに保管となると維持費が高くなります。
押さえておきたいポイントは2点。

スポンサードリンク

1.乗らずに保管だけなら税金かからない
本来なら駐車場代、自動車税、車検、色々と維持費がかさみますが、乗らない間は「一時抹消登録」という手続きをすることによって税金関係の費用をぐっと抑えることができます。

2.家族が使うなら名義変更必須
家族が運転する場合には注意が必要で、車の名義、自動車保険、自賠責、の名義変更をする必要があります。
もしあなたの名義のままにして家族が運転して事故や違反などをした場合、あなたに責任がかかってきます。
「そんなことめったにないから大丈夫」と過信しているときに限って不運なことは起こりますので面倒ですが、名義変更の手続きをしたほうが安心です。

 

損しない売却方法も知っておこう

転勤による車の売却も有効な手段として選択肢のひとつになります。
まだ年式が新しければ高く買い取ってくれる場合もありますから、まとまったお金が手に入りますからちょっと嬉しいですよね。
また、乗りつぶすつもりで長年乗っていたり、走行距離10万キロを超えるような車であったとしても、今や廃車であっても値段がつく時代です。
車をどうするかは、まず今の車がどれくらいで売れるものなのかを把握してからであれば納得のいく決断ができるのではないでしょうか。

実は、買取業者によって査定額もかなり幅がありますので、今は複数業者の一括査定が便利です。

査定額を見比べて最高値をつけてくれた業者が一目でわかるようになっています。
それに査定額が気に入らなければ別に売らなくてもOKなんです。

まずは現状把握ということで、 車の査定が一括でできる「かんたん車査定」が使いやすかったです。
年々利用者が増えていて手軽なのに最高額が一目でわかる、優良企業ばかりということで人気が集中しているようです



>>最高査定額をすぐに見てみる

コメント