東京御朱印巡りで恋愛ご利益がある3大寺社。もらい方言い方マナー時間

gosyuin パワースポット

神様って信じますか?ワタシはけっこう信じる方でだからご利益がある神社とかに行って、ガッツリお参りしてきちゃいます( *´艸`)
中でも特に恋愛運。これ、大事にしてる女子は多いハズ。
特に片想いだったり失恋したばっかりだったりすると「わたしって恋愛運ないんじゃ・・・」な~んて思ってしまったりしません?
そんな時には恋愛運UPしちゃいましょ♪ということで、恋愛運UPをするためのパワースポットについてまとめてみました~

東京で御朱印巡り。恋愛のご利益がある3大寺社

東京にはパワースポットがた~くさんあります。
その中には恋愛運UPにご利益のあるスポットももちろんあります。
そんな中から今回は御朱印もいただけちゃう神社をご紹介しますね。
最近は御朱印巡りも人気。
御朱印をいただくことでさらにご利益をいただくことができるカモ♪
御朱印帳もって恋愛運UPのお参りもいいんじゃないかしら~( *´艸`)

○東京大神宮
まずはココ。
ここは言わずと知れた縁結びのパワースポット。
『東京のお伊勢様』とも言われているくらい、縁結びのご利益があります。
東京一な~んて言われることも( ゚Д゚)
実は、ワタシもここにお参りをしてご利益をいただけたんです♪
飯田橋駅から徒歩5分とアクセスもよく、パワースポットなことからお参りをする人が多いんです。
様々なお守りもありますので、お守りをGETしつつ、
御朱印をいただいてはいかがでしょうか?

○明治神宮
こちらも言わずと知れたパワースポット。
初詣の参拝者日本一なんです。
明治神宮は自然エネルギーや癒しパワー、浄化・再生パワーなど様々なパワーをもったスポットなんです。
ワタシもお参りに行ったことがありますが、一歩足を踏み入れただけでゾワっとしたのを覚えています(もちろんいい意味でですよ)
明治神宮も縁結びのスポットとして有名なところ。
こちらの御朱印もぜひいただいてみてはいかがでしょうか?

○神田明神
さて、最後はコチラ。
神田明神も縁結びの神様として有名。
東京では5本の指に入るんだとか(;゚Д゚)
ワタシ、『神田明神=商売繁盛』だと思っていました・・・
こちらは24時間開門してる神社としても有名。ここなら夜遅くなってもお参りできますね。
しかも!夜はライトアップもしていますので、昼間とはまた違った雰囲気を味わうこともできます。

御朱印の正しいもらい方と言い方

ご紹介したどの神社も縁結びの神様ですので恋愛運UPは間違いナシ!
そこでさらにご利益をいただくために御朱印巡りをしてみてはいかがでしょう?
御朱印はもともと納経(写経を納めること)の際にいただく受付印だったと言われています。
最近では参拝をした記録としていただくことが多いみたい。
御朱印巡りをする人も増加しているんだとか・・・
そんな御朱印をいただく際のマナーについてお教えしますね。

スポンサードリンク

1.まずは御朱印帳を準備する
御朱印をいただくにはまず、御朱印帳を準備しましょう。
普通のノートなどにいただく方もいるようですが、基本的にはこれはマナー違反。
きちんとした御朱印帳を準備してください。
各神社などでももちろんいただくことはできます。
こちらは各神社オリジナルのものがいただけます。
また、最近ではLOFTなどのお店にも置いてあります。
自分の好きなものを選んでみてはいかがでしょうか?

2.お参り(参拝)をする
御朱印巡りで間違ってはいけないのが『スタンプラリーではない』ということ。
御朱印をいただくことが目的ではなく、あくまでもお参りを目的に訪れましょう。
御朱印はあくまでも『参拝証』。
つまり、お参りをした証です。
しっかりと心を込めてまずはお参りをするのがマナー。
お参りをする際にはそれぞれの神社ごとの参拝方法をしっかり確認しましょう。
ときどき『自分ルール』でお参りしている人を見かけますが、ぶっちゃけイラッとします( `―´)
そうならないようにするためにも、参拝方法の確認は忘れないで!

3.御朱印をいただく
御朱印は社務所や授与所などでいただくことができます。
巫女さんや神職さんに「御朱印をいただきたいのですが」と伝えましょう。
神社によっては取り間違いのないように番号札と交換しているところなどもありますので、指示に従います。
また、御朱印は手書きです。
場合によっては書く方がいらっしゃらない場合もあります(大きなところでは少ないですが)。
そういう場合は『書き置き』といってすでに書いてあるものをいただけますので、それを御朱印帳に貼ればOKです。
また、混雑している場合もありますので時間に余裕をもっていただきに行きましょう。
間違ってもせかしたり、順番を守らないなんてことのないようにしてくださいね。

4.初穂料を納める

初穂料は御朱印をいただくときに納めるお代のようなものです。
基本的には300円前後が多いと思います。
金額があらかじめわかっている場合にはそれに従えばOK。
わからない場合は「いかほどお納めすればよろしいですか?」と聞いてもいいでしょう。
また「お気持ちで」と言われた場合には300円~500円くらいを、
初穂料をいただかない場合にはお賽銭として同じくらいの額をお納めしてくださいね。

5.お礼を述べる
御朱印は手書きです。
時間をとっていただいたことに感謝の気持ちをこめてお礼を言うのを忘れずに。

御朱印マナーとしてもらえる時間

御朱印をいただくマナーのチェックはOKですか?
最後は御朱印をいただける時間。
神田明神のように24時間開門している神社もあれば、24時間ではないにしても早朝から開門しているところもあります。
でもだからといって開門と同時に御朱印がいただけるかというと、そうではありません。
御朱印をいただける時間は神社によって異なりますが、9時くらいから16時くらいまでのところが多いようです。
あまり早すぎるのも、あまり遅いのもマナー違反。
神社が決めている時間をしっかり守っていただきましょう。

まとめ

ご利益がある神社をお参りして御朱印をいただく・・・
これでアナタの恋愛運UPは間違いないハズ。
ぜひお参りしてみてください。
ご利益があることをお祈りしています(*´ω`)

スポンサードリンク

コメント