明治神宮清正井の待ち受け効果はホント?営業時間と混雑状況

kiyomasai パワースポット

日本有数のパワースポットといわれている明治神宮の中でも特にパワーがあるとされているところ。それが清正井なんです。ワタシも行ったことあります。
ご利益があるといわれているので行ってみたい人も多いんじゃないでしょうか。
そこで今回は清正井の待ち受け効果、営業時間、混雑状況についてまとめました( *´艸`)

  

明治神宮清正井の待ち受け効果はホント?

まず明治神宮にある清正井、どんなところかご存知ですか?
清正井はかの有名な武将、加藤清正が掘ったといわれている井戸なんです。
その井戸から一年中上質な水が湧き出ていたこと、さらにその井戸が霊峰富士山につながっているとされていることから大きなパワーを持っているとされているんです。
実際に清正井には高いご利益があるとされています。清正井を参拝した人の中には願い事が叶った人も多いといわれています。
しかもただ参拝するだけではなく、さらに幸運をもたらす方法があるんです♪
それが清正井の写真を撮ってケータイの待ち受けにすること。
清正井の待ち受けは幸運をもたらすポイントになるといわれています。
実際にそれで「願い事が叶った♪」「幸運が訪れた」って人も多いんですって。

でも、ここで気をつけなくてはいけないのは清正井はプラスのパワーだけではなく、マイナスのパワーも持っているということ。
清正井は陰陽両方の気がたまる場所であるといわれています。
ですのでプラス(陽)の気があるときであれば幸運が訪れますが、マイナス(陰)の気が満ちているときにはマイナスにしかなりません(ノД`)・゜・。
特に雨の日や夕方以降は陰の気がたまりやすいです。
また人がたくさん訪れた後は人の陰の気がたまりやすいともいわれているので、待ち受けにする写真を撮るのであれば晴れた日の朝早くに参拝することをオススメします。

ちなみにワタシも清正井の写真を待ち受けにしていたことがあります。
結果はどうだったかというと・・・あんまり効果はなかったように思います(;´Д`)
それはなぜかというと・・・雨女のワタシが行ったから・・・。
参拝した日が曇りの日だったからなんじゃないかと思います・・・(;_;)

スポンサードリンク

明治神宮清正井の営業時間

さて、朝早く参拝するのが効果的なのはわかっていただけたかと思います。
でもだからといって夜明けとともに!なんてワケにはいきません(ノД`)
明治神宮はいつでも参拝できるわけではないからです。
当然明治神宮に参拝できる時間じゃなければ清正井に行くことはできません。
もっというと御苑に入れる時間じゃなければ行けません。
では清正井に行くことができる時間はというと・・・

基本的な時間は9時~17時です。
最終入苑時間は16時30分ですので注意が必要。
もっとも清正井へは午前中に行ってほしいので9時の開苑と同時に行ってほしいものです( *´艸`)
開苑時間は季節によって若干異なりますのであらかじめ確認してからお出かけくださいね。

清正井の混雑状況

清正井はパワースポットですので時期によっては混雑します。
まず混雑するのは三が日。これは初詣の時期だからですね
日本一の初詣参拝者を誇る明治神宮、もちろん清正井の参拝客も多いというわけです。
あとは修学旅行時期にも混雑します。
清正井がパワースポットなのは誰もが知っていること。
修学旅行では明治神宮が外せないスポットの一つとなっています。
ですので修学旅行時期には明治神宮が混むんですね~。
時期的には4月~6月や9月くらいでしょうか。
それから当たり前かもしれませんが土日祝日も混みます。
平日よりは確実に混みます。
1時間~2時間待ちになることもあるみたいなので、こうした時期に行くときには注意が必要です。

まとめ

清正井まとめ、いかがでしたか?
ワタシの後悔は晴れた日に行かなかったこと・・・
清正井の待ち受けは効果があることがあちこちから聞こえてきますので、効果的な時間帯などに行くことをオススメします。
ワタシもリベンジせねば!( `―´)ノ
そうそう。
清正井に行くときは本殿である明治神宮の社殿に参拝することも忘れないようにしてくださいね~(≧▽≦)

スポンサードリンク

コメント