スポンサードリンク

ワタシは御朱印めぐりというほどではないですが、神社に行くときには御朱印をいただくようにしています。
神社によって様々な御朱印をいただくことができるのでちょっと集めたくなる気持ちもわかります(笑)
そこで今回はそんな御朱印についてご紹介。
ご紹介するのは・・・芝大神宮です。
ここの御朱印帳ってちょっと特徴的なんですよ~(*´з`)

芝大神宮で御朱印もらえる時間

芝大神宮は港区芝大門、つまりオフィス街に鎮座しています。
浜松町駅からも近く、まさにオフィス街のど真ん中といってもいいかもしれません( ゚Д゚)
そんな芝大神宮、商売繁盛の他にも縁結びとして有名な神社。
芝大神宮には伊勢神宮の御祭神である天照大御神と豊受大神をお祀りしています。
伊勢神宮は縁結びでご利益が高~い神社。
ということで芝大神宮も縁結びにご利益があるんですね~(≧▽≦)
ちなみにココが縁結びで有名なのにはもうひとつ理由があります。
それは・・・
『千木筥(ちぎばこ)』がいただけるから。
千木筥は江戸時代に女性がタンスに着物などと一緒に入れておいた縁起物。
「衣服に苦労しない女性は、良縁に恵まれる」ということから千木筥が縁結びのお守りとして知られるようになったんですって。

そんな芝大神宮、もちろん御朱印もいただけます。
ココで御朱印をいただくことができるのは8時~18時。
ただし、結婚式などの行事が入ってる場合などにはその時間内でも御朱印をいただくことができないこともあります。
あらかじめ確認してからおでかけしてもいいカモ。

スポンサードリンク

 

芝大神宮の御朱印帳は木製?

御朱印をいただくのに必要なのが御朱印帳。
もちろん1つの御朱印に1冊の御朱印帳ってわけではないので、御朱印帳を持ってる人は改めていただく必要はありません。
でも、「まだ御朱印帳を持ってなくて・・・」というアナタにぜひオススメしたいのが、ココの御朱印帳。
なぜかというと・・・
ココには木製の御朱印帳があるんです( ゚Д゚)
もちろん普通の御朱印帳も、『東京十社めぐり御朱印帳』もあります。
でも中でも目をひくのが木製の御朱印帳です。
この御朱印帳は日光杉が使われています。
木のぬくもりが伝わってくるような、他の御朱印帳とは異なる温かみのある御朱印帳です。
・・・ってワタシの勝手なイメージですが(ノД`)・゜・。

 

芝大神宮の御朱印は書き置き?

最近は御朱印めぐりをするひとが急増しているので、有名な神社などではその都度手書きをすることが難しいことがあります。
そこであらかじめ書き置きをしておいて、それをお渡しすることがあります。
芝大神宮では・・・通常はひとつひとつその場で書いてくださいます。
でも例大祭や朔日祈願の限定の御朱印だけは別。
どうしても限定の御朱印ということで通常よりもいただく人が多くなります。
そこで書き置きをしておいて、それをお渡ししているんです。

もちろん、書き置きだからといって何が変わるわけではないですのでご安心くださいね♪

 

まとめ

御朱印めぐりをする人も多いと思います。
様々な神社でそこだけの御朱印をいただくって、なんだかちょっと特別感ありません?( *´艸`)
でも、気をつけなくてはならいことも。
まず、御朱印はあくまでも神社にお参りすることが大前提。
「御朱印をいただきたいから神社に行く」んではなく、「神社にお参りに行って御朱印もいただく」気持ちを忘れないようにしていきたいもの。
それから神社のお参りマナーや御朱印をいただくためのマナーを守ること。
守るべきことをしっかり守っていくことで神様からより大きなご利益をいただくことができるんですって(≧▽≦)
アナタにもステキなご利益がありますように♪

 

スポンサードリンク