キッチンスポンジの清潔な使い分け。交換頻度や置き方アイディア

think 掃除

食器やキッチン用品を洗うスポンジは清潔に保ちたいものですね。そもそもキッチンスポンジってどこに置いたらよいのでしょうか。
水分を沢山含むスポンジだからそのまま置いておくとカビなども心配になりますよね。
スポンジを清潔に保つ方法をいくつかご紹介します。

キッチンスポンジの一般的な使い分け

ご家庭で、キッチンスポンジはどのように使い分けされていますか?
様々な汚れが流れるシンクは勿論、別のスポンジが必要になります。これで、食器は洗うのは衛生的にNG。

その他にも水筒などの細い所にも入るスポンジなど、キッチンスポンジを3~4個くらいで使いわけされている方が多いのではないでしょうか。
形や大きさなどで使い分けされている方も多いですが、スポンジの性質によっても使い分けが必要になります。
・研磨粒子入りスポンジ:頑固な汚れを取り除くのによいスポンジです。焦げなどをしっかりと磨きたい場合などに使用。
・研磨粒子なしスポンジ:ガラスや食器、フッ素加工のフライパンなど、傷をつけたくないものにはこちらの研磨粒子のないスポンジ選びましょう。


スポンジを清潔に保つためのポイント
1、使用後はしっかり水切りしましょう。
2、時折、熱湯をスポンジにかける。菌やカビの発生を抑えます。
特にナマ物を使用した物を洗った時などは、食中毒なども心配になるので熱湯消毒するようにしましょう。
3、晴れている時には、スポンジを天日干しする。乾燥させることでカビ発生を抑える事ができます。

ササッとできるちょっとしたことでスポンジを清潔に保つことに繋がります。

 

キッチンスポンジを変える頻度

スポンジを購入する際にもスポンジの交換頻度などを書かれておらず、ついスポンジがヘタヘタになるまで使ってしまったりしていませんか?
私も分かっておらず、その日の気分で交換してみたり、台所掃除にスポンジを使いたいから交換なんて、いい加減にしていました。

本当のところ、スポンジの交換頻度は曖昧なもの。
しかし、キッチンスポンジは油よごれや湿気から菌の温床と言われています。
気持ちよくスポンジを使っていただくために、月一回は交換するようにしましょう。
その他にも交換する際のポイントがあります。

・スポンジがささくれや形崩れがでてきた。泡立ちが悪くなってくるのも一つのポイントです。
・梅雨などの湿気の多い時期には、雑菌の繁殖も多くなるため、2週間を目安に交換

スポンサードリンク

 

キッチンスポンジの置き方アイディア

キッチンスポンジは水分を多く含んでいるため、そのまま置くとカビなどの発生にも繋がります。
キッチンに付属のスポンジ置き場がない場合は、シンクにスポンジが出来るだけつかないようにします。

もし、置き場を購入する際には、水切りがよいものを選びましょう。

・100円均一の「ステンレスボトルラック」は少し高さがあるため水切りがよいです。
・ワイヤークリップでおしゃれにひっかける方法があります。
なんといっても水切り抜群です!

ワイヤークリップは、無印良品や100均一で販売されています。

可愛いスポンジなんかはおしゃれにひっかけてインテリアにしちゃいましょう。

 

まとめ

キッチンは自分が使いやすいようにするのが一番です。
その上清潔に保つポイントをしっかり押さえて自分だけの綺麗なキッチンを作ってくださいね。

スポンサードリンク

コメント