食器がカビ臭い時の原因と対策。消毒すれば使える?カビキラーは害か?

syokki 掃除

食器棚がなんだかカビ臭い!よくみると食器にカビが生えてしまっている!カビは人体に悪影響がある分、綺麗に取り除けるか心配ですね。
カビが生える原因と対処方法についてご紹介します。

食器がカビ臭い時の原因と対策

食器にカビ‼
食べ物を入れたり、直接口をつける食器にカビが発生するなんてショックですよね!
カビはアレルギーを引き起こしたり、人体に悪影響があります。
どうしてカビが生えてしまうのでしょうか?
カビは湿気があると生えやすくなります。さらに食品カスや埃などの餌となるとあっという間にカビが生えてしまいます。

対策としては、食器棚を充分に換気する必要があります。その時に、お皿が沢山重なっていたり詰め込んでいると換気が充分に行えず湿気が溜まる原因になります。
断捨離とまではいかなくても、普段使わない食器は不要です。目に見えてよく整頓されているなと思うような食器棚は換気も出来ている食器棚の証拠ですよ。

埃が溜まらないようにこまめに掃除して定期的に換気させてくださいね。

 

食器に生えたカビは消毒すれば使える?

食器にカビが生えてしまうと衛生的に心配なのも分かりますが、まだまだ捨てるには勿体ないですよね。
食器にカビが生えてしまっても、きちんと消毒すれば使うことができますよ。
カビは熱に弱いため、沸騰させた熱湯で熱湯消毒してください。
60度以上の熱で殺菌効果がありますが、念のため煮沸消毒しておきたいですね。
10分以上の煮沸消毒をし、しっかりと水分をふき取り乾燥させてください。
陶器などは沸騰消毒が可能ですが、プラスチックなどは変形の原因にもなりますので、キッチンハイターなどでつけ置きするのもOKですよ。

最後に市販で売られているアルコール除菌でササッとスプレーして乾燥させるとよいですね。
私が使っているのはコレです。

アルコール消毒ならなんでも良いのですが、今は片手で使えたり、ディスペンサーになってたりと便利になってるものも多いですが、私はまだまだこの普通なタイプです。
ティッシュに1プッシュで使ってます^^

 

食器に生えたカビにカビキラーを使うと害?

カビにはカビキラー!とカビキラーを思い浮かベる方もいるでしょう。
あらゆるカビに有効なカビキラーは、その分、成分もとても強いです。食器などに使っても大丈夫なのでしょうか?

カビキラーの主成分は、次亜塩素酸ナトリウムです。
食器にも使用することができます。使用後はしっかりめに洗い流しましょう。
カビキラーの注意書きには混ぜるな危険!とあるように混ざってはいけない成分が台所には沢山あります。
例えば、レモンなどのクエン酸やお酢。これがカビキラーと混ざると毒ガスが発生して大変危険です。
残りカスにレモンの皮などが残っていないか、何か周りに液体がないか周りに気をつけなくてはいけません。
もし、使用するならば注意書きをしっかりと読んでお使いくださいね。

お風呂場のカビキラーは濃度が濃いので心配だという方は、キッチンカビキラーが売られていますよ。

念のためキッチン用を使った方が換気も必要ないし安心ですしね。

 

まとめ

カビが生えてしまったら早めに除去しましょう。一度カビが生えたということは湿気が溜まりやすい環境だということ。
掃除と整理整頓をし換気を行ってカビの生えにくい環境を作ってくださいね。

スポンサードリンク

コメント