シンクステンレスのくもりの原因。白い汚れに重曹NG?ピカピカにするには

think 掃除

キッチンの中でも一番汚れが目立ってしまうのがシンクです。いつの間にか、白くくもってしまい、新品の頃の輝きを取り戻したいですね。
くもりの原因は、一体何なのでしょうか?ステンレスシンクに合った掃除方法をご紹介します。

シンクステンレスのくもりの原因はコレ

シンクがぼや~っと白くっぽくなって輝きを失っていませんか?
キレイに掃除していても、シンクがくもっているとやっぱりスッキリしませんね。食器用洗剤でゴシゴシ擦って汚れを取り除いてもなかなかピカピカにはなりませんね。
その白っぽいくもりは何なのでしょうか?

実はこの”くもり”の原因は水垢。
水垢とは、灰色で粉がかったような蓄積物です。主な成分が水に含まれる炭酸カルシウムですので、不衛生なものではないのです。
いくら成分がカルシウムだといっても、シンクはピカピカであった方がイイですよね!
食器洗いが終わったら、なるべく水気を残さないようしましょう。水垢の原因である水気を出来るだけ残しておかないことがポイントです。
水気を乾拭きするだけでもキレイが長続きします。

 

シンクの白い汚れに重曹やクエン酸はNG!?

白い汚れの正体は、水垢です。水垢は、アルカリ性の成分を持ちます。
水垢を落とすには、酸性の成分を使って中和させて落とすことが効果的なんです。
酸性の成分を持つお酢やクエン酸は、水回りの万能エコクリーナーとして色んな用途に使うことができちゃいます!

また、重曹の成分は弱アルカリ性です。油汚れに強いので、シンクの掃除向きなんです。
この重曹、油汚れに強い一方、水垢をきれいに取り除くのには向いていません。

スポンサードリンク

そこで「重曹を用いてシンクを洗った後、水垢に強いクエン酸で最終的なの仕上げをする。」ことがおすすめです!
重曹で掃除した個所にクエン酸を使用すると、残ったアルカリをクエン酸の酸が中和し、中性の状態にもどします。
それぞれが違う成分に強いため、その特性を知って掃除することがキレイの近道ですね♪

 

シンクをピカピカにするには

掃除の手順
1.重曹でシンク全体を磨く
水にスポンジを湿らせ、重曹をつけて全体を磨きましょう。
重曹の研磨作用を利用して、シンクを傷つけず汚れを落とします。スポンジの代わりに、柔らかい布を使ってもOK。
(ステンレスは傷つきにくいですが、毎回、固いたわし等でゴシゴシ擦ってしまうと傷がついてせっかくのステンレスの輝きが失われてしまいます)

2.細かい部分は古い歯ブラシで磨く
蛇口の付け根などの細かい所は、汚れが溜まりやすいですよね。古くなった歯ブラシなど細いブラシに、重曹をつけて軽くこすります。

3.仕上げにクエン酸スプレーをする
水で洗い流した後、シンクを軽くふき、全体にクエン酸水をスプレーします。クエン酸が水垢を防止して、ピカピカの状態が長続きします。

クエン酸水の作り方:水1カップにクエン酸小さじ1を混ぜます。これをスプレーボトルに入れて使います。

また、ステンレスシンクにはメラミンスポンジがおススメです。蛇口もピカピカになります。

 

まとめ

毎日の食器洗いのついでにシンクの水気を取り除く。汚れが溜まらないように掃除はこまめに行うのが理想ですね。
やらなければ!とするのではなく、ついでにやっちゃおうとついでを習慣つけるのがキレイを保つポイントです。
重曹は油汚れ。クエン酸は水垢に強い成分だというポイントを押さえて掃除をすると色んな用途で使えるので、毎日の掃除がとっても快適になりますよ。

スポンサードリンク

コメント