シンク下配管の臭いの原因。管理会社で対策?賃貸でできる2つのこと

thinksita 掃除

キッチンがなんだか嫌な臭いがする!と臭いの元を辿ると、シンクの下から臭っていることがあります。
嫌な臭いのするところに食品や調味料をおくのも気分が悪いですし、臭いを放っておくとゴキブリなどの害虫をよぶ原因にもなります。
シンク下の臭い原因と共に対策についてご紹介します。

シンク下配管の臭いの原因は?

シンク下はなぜ臭うのでしょうか?
キッチンをいつも綺麗にしているご家庭でも、シンク下から臭いが出てしまう事はあります。
臭いが強くなってくると毎日の食事作りも嫌な気分ですし、急な来客なんかには本当に困りますね。
どうして臭いが発生するのでしょうか?以下のような原因が考えられます。

・シンク下配管と接続口に隙間がある
シンク下の配管には下水道に繋がっている配管があります。配管の接続部分に隙間があると、そこから下水の臭いがに上がってしまう事があります。
・排水管の汚れ
排水管からの悪臭発生の原因は、食べ物などの汚れが溜まることです。
・カビなどの雑菌が生えている
キッチンの排水管は、よく水やお湯が流れるので、湿気が溜まりやすくカビが発生しやすいです。
また、シンク下に物を置きすぎてしまうことも湿気が溜まりやすくなる原因につながります。よく換気するよう心かけましょう。

排水管の水漏れや故障が原因の場合は、管理会社または業者に早めに連絡しましょう。

 

シンク下の臭いは管理会社が対応してくれる?

シンク下の配管の臭いが耐えられない時ってどこに問い合わせればよいのでしょうか?
賃貸の場合、管理会社に相談しましょう。集合住宅の場合、管が繋がっているので個々の問題ではないようです。対策はしてくれます。

また、水回りのメンテナンス会社などで点検、対策もしてもらえばスッキリするでしょう。

スポンサードリンク

管理会社、業者を呼ぶ前に、シンク下の整理をし、配管以外に原因はないかよく調べましょうね。

 

シンク下の臭い対策(賃貸)でできる2つのこと

私も過去に賃貸に住んでいました。その時、ゴキブリ退治でなんとかしたい!と対策をしたことが、結果シンク下の臭い対策にか効果を感じることができました。
1、接続口をふさぐ
まず、家庭の配管とシンク下の接続口をご確認ください。
隙間はできていませんか?隙間があるとそこから下水臭やゴキブリが出てくる原因になります。
この隙間を埋める事が大切です。
穴埋めパテの使用!と言いたいところですけれども、賃貸ですから、勝手に施工してしまうのは難しい場合もあるかと思います。
私は問題なさそうだったのでパテでしっかりふさいじゃいました(#^.^#)
そんなときはテープで隙間を防ぐのも効果的です。
簡易的な処置ですが、その時から臭いがほとんど気にならなくなりました!
隙間を埋めても臭いが消えない場合は、重曹をシンク下に置いておくだけで消臭効果があります。置くだけなので簡単手間なしです!1か月に1度程交換してください。

2、配水管のぬめりをとる
また、排水管の詰まりやぬめりにより臭いがする場合もあります。
パイプユニッシュなどのパイプ用の汚れとりを試してみましょう。
パイプユニッシュは、液を排水口・排水パイプに注ぎ、15分~30分ほど放置します。その後、水で十分流します。

 

まとめ

シンク下の臭いが気になりだしたら、何が原因で発生しているかご自身でチェックしましょう。また、排水管の汚れとりはこまめにするようにしましょうね。
自分で対策をしてみても臭いが残る場合は、管理会社や業者に連絡してください。
すっきり綺麗なシンク下だと物を置いていても安心ですね。

スポンサードリンク

コメント