赤ちゃん用品にキッチンハイターは害?布巾やスポンジの除菌と交換頻度

baby 掃除

とっても可愛い赤ちゃん。産まれたばかりで免疫力は強くないから身の回りは清潔に整えてあげたいですね。
気をつけてあげたい赤ちゃん用品の除菌方法は大人と一緒でいいのでしょうか?一緒に使う付近やスポンジの除菌方法と一緒にご紹介します。

赤ちゃん用品にキッチンハイターは害なのか?

赤ちゃんの免疫力は大きくなるにつれて強くなっていきます。しかし、産まれたばかりはまだ菌に対する免疫力は強くありません。
赤ちゃんは指から始まり色々なものを口に入れていきます。そうやって大きくなっていくのですが、親としては何でも口に入れてしまうので、目が離せませんね。
そんな赤ちゃんの周りの物は除菌しておきたいもの。

除菌ときくと、キッチンハイターが真っ先に思い浮かぶのは私だけ…?

キッチンハイターを使用すると食器の茶渋なんかは真っ白になります。真っ白にさせる分、液体成分が強いのではないかと心配になりますよね。
私も赤ちゃんに強い液体を使うのが怖くて、赤ちゃん用洗剤を使用していました。
しかし、キッチンハイターの主成分は次亜塩素酸ナトリウムです。赤ちゃん専用液もキッチンハイターも同じ主成分なのです。
大きな違いは、その成分の濃度です。
ここでポイントなのは、しっかりとすすぎをすること!!

すすぎとつけ置き時間を守ることが大切です。
きちんと用途を守っていればキッチンハイターを使用しても全然構わないのです。漂白時間の短縮にも活躍なります。
ただ、混ぜるな危険!と表示しているとおり、周りの他のものを置いていないか確認してくださいね。

 

布巾やスポンジの除菌方法

スポンジなんかは特に湿気が溜まりやすくて雑菌が繁殖しやすい環境です。
毎日使う布巾やスポンジの簡単な除菌方法をご紹介します。

スポンサードリンク

<キッチンハイター使用>
1、水5リットルにキッチンハイター6㎖を入れます。
2、スポンジまたは布巾を入れます。1~2分つけておきます。水気を絞ります。
3、乾燥させます。

<熱湯消毒>
熱湯かけてしっかりと乾燥します。外干しして日光消毒しましょう。

 

布巾やスポンジの交換頻度

布巾は数枚持っておくことをオススメします。
使用用途によっても布巾を変えておきましょう。

前述した除菌方法でも紹介しましたが、私は使用する度、布巾を手洗いをします。手洗いをした後5分ほど熱湯につけておきます。
熱湯につけておくことによって菌の繁殖を抑えます。
その後は、外干しをしていました。
日光干しは除菌作用もあるので、スッキリ使えます。
毎回しっかりと手入れしていれば布巾は長期間使うことができます。汚れが目立つようになったら交換のサインですね。

また、スポンジの交換頻度ですが、スポンジの購入したパッケージなどにも使用期限などはかかれていません。
スポンジは、水分を多く含むため菌が繁殖しやすいです。1か月を目安に交換するようにしましょう。
スポンジの形が悪くなったり、泡立ちが悪くなったら交換のサインです。梅雨の時期は、湿気をより多く含んでしまいカビ・雑菌の繁殖が盛んになるます。
2週間に一度くらいを目安に交換しましょう。
また、スポンジはしっかり水切りできる置き方をしてくださいね。

 

まとめ

出産後、すぐにお母さんの仕事は増えて大変ですね。でも、赤ちゃんの環境は待ったなしです。
お母さんが綺麗にしている間、赤ちゃんはどんどん大きくなって免疫力も蓄えていきます。
除菌をこまめにして安心できる環境を整えてくださいね。

スポンサードリンク

コメント