トイレ掃除用ブラシを使った後どうしてる?衛生的な保管方法と交換時期

toire 掃除

便器の中でブラシを振って水を切ってみたり、便器に擦り付けるようにして水を切ったりしていませんか?
それとっても不衛生ですよね(T▽T)
今回はトイレ掃除後のブラシの衛生的な保管方法と、ブラシの交換時期の目安について紹介していきますね。

トイレ掃除用ブラシを使った後どうしてる?

掃除後ブラシを便器の中で振ったりして、水を切っている方が多いと思います。
ですが、振ったらあっちこっちに菌を飛ばしてしまうことに…しかも、ちょっと振ったぐらいでは完璧には水分が切れません(;-ω-)ウーン
その水分を含んだブラシをブラシホルダーに入れて、その中ではカビや雑菌が繁殖して…って考えるだけでも嫌ですよね(泣)

 

トイレ掃除ブラシの衛生的に保管するには

トイレ掃除用のブラシを衛生的に保つには、乾燥と除菌が大事です。
やっぱり汚いところを掃除するためのブラシなので、しっかり乾燥させてから保管しないと、菌やカビの宝庫になってしまいます。

でも、トイレ掃除後に乾燥させるってどうすればいいの?って感じですよね(><)
掃除したあとすぐにベランダで天日干し。
これが一番理想的なのですが、掃除後の水分を含んだブラシをビニール袋などに入れて、トイレからベランダまでってなかなかめんどくさいですよね。

トイレ掃除をする頻度にもよりますが、私は毎日掃除したい派なので、正直毎回そんなめんどくさいことはしたくないです(笑)

そこで、掃除後「便器と便座の間にブラシを挟んで30分ぐらい乾かす」
というのをネットで見てから、我が家にもこの方法を取り入れています(笑)

殺菌作用のあるクエン酸スプレーを吹きかけてから乾燥させると、より清潔です。
これなら毎日掃除しても簡単に乾かせます(*・∀・)b

しかし、乾かすだけだと不衛生なので、「週に1回は除菌」することをおすすめします。

スポンサードリンク
《除菌方法》
【用意する物】
・ブラシが入るバケツ
・丈夫なビニール袋×2枚
・除菌・漂白剤

【やり方】
・バケツにビニール袋を二重に張る
・袋にぬるま湯と除菌・漂白剤をいれる
・そこにブラシをいれる
・30分放置
・ベランダなどに運んで、ブラシを天日干し
※トイレのブラシホルダーも、たまに一緒に除菌しましょう。

いちいちバケツとか面倒くさいという方には、こちらの方法でも◎

《除菌方法(ズボラさん編)》
【やり方】
・トイレ掃除をした後水を流す。
・綺麗なトイレの水に除菌・漂白剤をいれる。
・ブラシを水につける。
・30分放置。
・ビニール袋にブラシを入れて、ベランダなどに運んで天日干し。

ちなみに除菌・漂白剤じゃなくても、クエン酸を使っても大丈夫です。
クエン酸は酸性なので、アルカリ性のトイレ汚れにはもってこいです(*^^*)また、殺菌作用もあるのでぴったりですね。

やり方は上記のやり方と同じで、除菌・漂白剤をいれるところをクエン酸に変えるだけ!
量は水1リットルに対して、クエン酸小さじ1ぐらいです。

 

トイレ掃除ブラシの交換時期

家の中で1番汚い物なので、出来れば半年?1年に1回は交換した方がいいです。
お高?いトイレブラシを買って長く使うのではなくて、100均などで購入したトイレブラシをこまめに買い換える方が衛生的に保てます。

 

まとめ

使い捨てのトイレブラシを使ったこともありますが、普通のトイレブラシを使った方がコスパ的にはいいですよね(><)
ちょっとお手入れは大変かもしれませんが、ズボラなやり方でも清潔に保てるので試してみてください\(^o^)/

スポンサードリンク

コメント