ウォシュレットノズルの掃除の仕方。黒いのはカビ?カビキラーは害?

nozuru 掃除

毎日使うトイレは清潔に保ちたいもの。ちょっとでも掃除をサボってしまうと便器に汚れが溜まってひぇ~っと顔をしかめてしまいます。
ウォシュレットノズルを使う人には、ノズル掃除は欠かせませんね。え?見なけりゃよかった( ;∀;)となる前に綺麗にしたいですね。
ウォシュレットノズルの掃除方法をご紹介します。

  

ウォシュレットノズルの掃除の仕方

ウォシュレットノズルってトイレに収納されているので、あれれ?いつノズル掃除したかな?ってことになってしまっていませんか?
さらに、普段の掃除を置くだけとかの洗剤に任せていると細かな汚れに気づきにくいですよね。
掃除をサボればサボった分、黄ばみや黒い汚れがこびりついて汚れもとれにくくなります。
ウォシュレットを使う場所ってとっても大事な所なので、まめに掃除して清潔に保ちたいですね。

最近では、ノズルがボタンで出てくるトイレタイプが多いです。
私の家のトイレもノズルがボタンで出るタイプのトイレなので、そちらのトイレタイプでご紹介します。

<ウオシュレットノズルの手順>
 1.いつもの掃除と同じようにトイレ掃除をして汚れを取り除く
 2.ノズルボタンのスイッチを押し、ノズルを出す
 3.ノズルが出たらトイレの電源を切る。すると、ノズルの水が止まります
 4.布巾で優しく拭き取る。落ちない場合は、中性洗剤を使用して拭き水を流します

市販で売られている「まめぴかトイレのふき取りクリーナー」などのクリーナーを使えば、ササッと、便座のついでに一緒にキレイにできちゃいます。
もう少ししっかり落としたいときはノズル専用の洗剤を使います。
また、細かい汚れを取り除くには歯ブラシなどの細いヘッドを使用して取り除きましょう。

スポンサードリンク

ウォシュレット掃除 ノズルが黒いのはカビ?

ノズルやノズル周りがいつの間にか黒い汚れが付着していませんか?
その黒い汚れは黒カビです。
ノズルは水を出すため湿気がありカビが繁殖しやすい環境です。カビの餌となる汚れの付着があるとどんどん繁殖してしまいます。
カビは湿気を好むため、よく換気する必要があります。換気扇や窓などを開けて出来るだけトイレ内の湿度を下げるとよいですね。

ウォシュレットノズルにカビキラーは害?

カビキラーは黒カビをとるのに効果がある薬液で有名です。
私もお風呂掃除によく使用していますが、果たしてカビキラーのような強い液体をトイレのノズル部分に使用しても大丈夫なのでしょうか?
カビキラー裏面の注意事項をしっかりと読んでみました。
カビキラーが使えない物の中にトイレとは書いていません。
実際に使ったという方も何人かいましたが、注意事項などを読んだ限り私はあまりオススメできません。

その理由は、ノズル自体が丸洗いできるものではないからです。
カビキラーの使用には、十分な水で洗い流すとあります。もし、カビキラーの液体が残っていると残り液が肌に触れてしまう可能性もあります。
また、トイレのノズル部分にもどんな影響があるのかわかりません。
カビにはカビキラーなんですが、ノズル用の洗剤も市販されていますよ(^^♪

私がおススメするノズルのカビ取りは重曹です。
カビは重曹の使用でも効果大です。カビキラーのような強い成分と違い重曹は食品に使われる自然素材で安心安全です。

掃除の手順は、重曹に水を溶かした「重曹ペースト」をノズルやノズル周りにつけてラップでパックします。10分ほど放置し、歯ブラシで擦り洗い流します。
落ちにくい場合は、就寝前に重曹をパックし一晩置きます。朝少し早起きして掃除しましょう。

確かにカビキラーはカビがよ~くとれますね。ご自分に合った方法でカビ取りをしてくださいね。

まとめ

普段隠れているノズルは、肌に水を当てる大事なものですね。
ノズルは隠れていて掃除しにくいですが、汚れやカビがこびりつく前にこまめに掃除しましょう。

スポンサードリンク

コメント