お風呂の鏡の水垢が落ちる100均アイテムはコレ!落とし方と予防

mirrer 掃除

お風呂で身体を洗っているとき、ふと鏡を見ると水垢で顔が見えないなんてことになっていませんか?
気付いたころには軽く拭いたぐらいでは取れないくらいの頑固なものに…
そこで今回は100均のアイテムだけで水垢をピカピカにして予防できる方法を紹介したいと思います。

お風呂の鏡の水垢が落ちる100均アイテムはコレ

ダイソーのダイヤモンドクリーナー

これが本当にすごい。
人工ダイヤモンドを配合したクリーナーで、洗剤を使わず水だけで鏡の水垢が嘘のように取れるという商品。
キャンドゥーにも類似商品でダイヤモンドパフというものがあり、こちらのほうが人気でした。

私はダイヤモンドクリーナーとダイヤモンドパフ両方使ったことありますがダイソーのダイヤモンドクリーナーの方が使いやすかったです。
全体的に小さいのですが、クリーナー自体に厚みがあり握りやすく細かい汚れまでピカピカに磨けました(*⌒▽⌒*)

(あくまで個人的になので、大きい面で磨きたい方にはキャンドゥーのパフがおすすめです。)

 

お風呂の鏡の正しい水垢の落とし方

上記のダイヤモンドクリーナーを使った水垢の正しい落とし方を紹介していきます。

【やり方】
・鏡をシャワーなどでよく水洗いしてホコリやゴミなどを取り除く
・パフの模様がある側に水をつける
・水垢部分を小さい円を描くようにしながら、軽く擦る

それだけです。

ゆっくり優しく擦ると、ザラザラとしてくるのですがそれが水垢の取れてる証拠です。
ザラザラがなくなればお掃除完了!

こんなに簡単なのに、驚くほどピカピカになります(*^^*)
いままで数百円以上かけて買っていたものが、今の時代100均で手に入ってこんなにも綺麗になるなんて…

100均商品もなかなか侮れませんね。

スポンサードリンク
【注意点】
●研磨力が強く、削って汚れを落とすという感覚なので、鏡自体を傷つけないように優しく軽く擦ってください。
●ホコリやゴミがあると鏡を傷つけてしまう可能性があるので、クリーナー使用前に綺麗に水洗いしてください。
●曇り止め加工、撥水加工、フィルム加工などが施された鏡には使えません。

 

お風呂の鏡の水垢の予防法あれこれ

まず水垢の原因は水道水の中に含まれているカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンです。
水分自体は時間とともに蒸発するのですが、金属イオンだけが残ってしまい結晶化して、それが原因となり水垢となってしまいます。

そのため、鏡に水垢を付けないためには水道水使わないようにする以外不可能なのです。
しかしお風呂なので水を使わないなんて無理ですよねΣ(゚д゚;)

水垢を二度と付けずに綺麗な鏡を保つ方法は2つあります。

「鏡を曇り止めや撥水加工をしコーティングする」

おすすめ商品

・ガラコ(車用)
2~3ヶ月に1回、鏡を掃除した後にガラコをコーティングする。

・水あか・うろこ防止スプレー
鏡を掃除した後にスプレーするだけで、防止できます。

・バス用くもり止めフィルム
効果は1年くらいあり、弱粘着性なのであとも残りません。

「毎日お風呂上りに鏡の水を拭き取る」

100均などで売ってる水切りワイパーや吸収性の高いタオルなどで、お風呂使用後に鏡をキュッキュとして水を切るだけ!
どちらも効果的なので自分にあった方法を試してみてください。

 

まとめ

短時間だとしてもお風呂後に、毎日水切りワイパーをするのは正直めんどくさいですよね…
コーティングするのもめんどくさいし…でもよく考えてください。

ダイヤモンドクリーナーで掃除してピカピカにはなりますが、お伝えした通りこの方法は削って水垢を落とすということになります。
手間もかかりますし鏡自体を傷つけてしまう場合もあるので、そう何回も使える技ではないのです。

めんどくさいけど毎回水切りワイパーを使用するかコーティングすることが、綺麗な鏡を保つ近道ということですね(*^^*)

スポンサードリンク

コメント