お風呂の水垢に正しいクエン酸の掃除のやり方!鏡のうろこ、シャワー

bath 掃除

水まわりの水垢って、お風呂用洗剤で洗っても白っぽく残っていたりしますね。そんなモヤモヤする水垢には、クエン酸ですっきり解決!とっても簡単にピカピカになるのでやり方を紹介します。

お風呂の水垢に正しいクエン酸掃除のやり方はこれ

水道水に含まれているカルキは炭酸カルシウムでアルカリ性の成分を持ちます。
クエン酸が使われる理由は、アルカリ性の成分を中和する性質があります。

そのため、水回りの万能エコクリーナーとしてクエン酸は必需品です。
お風呂で使う場合は、クエン酸を水で溶かしスプレーボトルに入れて使います。

・クエン酸水の作り方
クエン酸を大さじ1程度と水200㎖をいれ、よく振って溶かします。この時、ぬるま湯を使うと溶けやすいです。

スプレーを水垢の気になる個所にかけます。
それでは、具体的な使い方をご紹介します。

お風呂の鏡の水垢(うろこ)の落とし方

鏡やステンレスの蛇口などの、購入当初はピカピカだった場所が汚れていると目立つものです。
鏡にはうろこ状に、蛇口には全体的に白い汚れがつきやすいです。

スポンサードリンク

これらも水垢が凝縮してついてしまった場合が多いので、クエン酸がよく効きます。
まずはクエン酸スプレーをしてこすってみて、それでも汚れが取れない場合はキッチンペーパーの上にクエン酸スプレーをかけ貼り付けてパックします。

パックした後は、半時間ほどそのままの状態で放置します。
時間がたったら、シャワーで洗い流します。

お風呂のシャワーにつく水垢の落とし方

意外とシャワーヘッドを見逃してしまいますよね。
しかし、長年洗っていないシャワーヘッドを正面から見てみると、意外と汚れているのがわかると思います。
アルカリ性の水垢なので、クエン酸が効果があります。

洗面器やバケツなどにお湯を1リットルくらい溜めて、クエン酸を大さじ3杯溶かして混ぜます。
そこにシャワーヘッドをつけて数時間放置してからスポンジなどでこすってください。
細かい穴の汚れには爪楊枝などで取り除いでください。

まとめ

クエン酸だと身体にやさしく小さなお子様がいるご家庭でも安心して使えますね。
他の洗剤と混ぜたりは絶対しないでください。また、大理石にも使用できません。用法をよく守ってお掃除しましょう。
水まわりがすっきりするといい気持ちがしますね。

スポンサードリンク

コメント