お風呂床の白い汚れにはクエン酸NG!?落ちる洗剤と掃除用スポンジ

bath 掃除

お風呂の床に白い石状の汚れ。カチカチにこびりつき、ゴシゴシ擦ってもなかなかとれません。白い汚れの正体と対処方法をご紹介します。

お風呂床の白い汚れはクエン酸で落ちない

お風呂の床の白い汚れの正体は、成分が「炭酸カルシウム」で出来ています。
水道水を使うところに発生しやすいです。

クエン酸NG!?効果なし?などと思わないでください。水垢などアルカリ性の汚れを落とすエコクリーナーとして、クエン酸は必需品です。
クエン酸が使われる理由は、ミネラル部分(炭酸カルシウム)を溶かす性質があります。
そのため、特に水が溜まる部分を使うと効果です。

お風呂用洗剤はほとんどが中性なので、普通に掃除していてはこれらの汚れをきれいに落とすことはできません。
この汚れの成分にあったもので掃除をする必要があるのです。

・クエン酸スプレーの作り方
クエン酸を大さじ1~2程度と水をいれ、よく振って溶かします。この時、ぬるま湯を使うと溶けやすいです。

・クエン酸での炭酸カルシウムの取り方。
汚れがひどい場合は、キッチンペーパーを使います。
まずは、汚れのひどい個所に、クエン酸スプレーふきかけます。

その上にキッチンペーパーを張り付けてパックします。
さらに、追加で数回スプレーをすうと、キッチンペーパーが剥がれにくくなります。

この時に使用するクエン酸スプレーは、濃いめにつくっておくとより効果的です。
パックした後は、半時間ほどそのままの状態で放置します。

時間が経ったら、シャワーで洗い流します。

お風呂床の白い汚れが落ちる洗剤はコレ!

クエン酸スプレーを作る手間が面倒くさい方は、市販剤でもオススメのものがあります。

・KINCO お風呂用ティンクル すすぎ節水タイプ
お酢成分が配合されている酸性の洗剤です。
ティンクルを浸したキッチンペーパーを汚れ個所に貼り付けます。
半時間ほど、そのままの状態で放置します。
時間が経ったら、シャワーで洗い流します。

スポンサードリンク

お風呂の床掃除にはスポンジ?ブラシ?

お風呂の掃除用品はとても種類が多くて、どれを使ってよいか迷いますね。
スポンジとブラシの特徴とオススメ理由をご紹介します。

スポンジタイプは力の加減がしやすく、軽い擦り洗いから、頑固汚れむけのゴシゴシ洗いまで対応できます。

ブラシタイプは、床の目地など細かい所の汚れもしっかり落とすことができます。ブラシが固めのものが多く、傷をつけやすいため注意が必要です。
「浴室用ブラシ」「お風呂用ブラシ」をオススメします。

・浴槽には、スポンジがおススメ
傷がつきにくく掃除ムラが少ないスポンジをオススメします。
柔らかく形が変形するため浴槽のカーブにも対応でき、思い通りに磨くことができますね。
大きく握りやすい形を選びましょう。1度に磨く面積が広くて効率がアップします。

ブラシだと、拭きムラができやすいことが難点です。
ブラシを選びたい方は、ブラシのヘッド部分が回転・振動するタイプの商品を選ぶのをオススメします。

・浴室には、ブラシがおススメ
ブラシは、床の目地や排水口など、細かい場所も対応できます。ピンク汚れなどにもきれいにとることができます。

オススメブラシのご紹介
スコッチブライトのお風呂ブラシは、ハンディブラシとなっており、小さめヘッドで床の隅や隙間なども掃除しやすく、ラバーリップで力が入りやすいです。

スポンジを使用する場合は固めのスポンジをオススメします。固めのスポンジであれば思いっきり握ることができ力もしっかり伝わります。

まとめ

お掃除は科学とはよくいったもので、きちんと成分を知ることで使用する洗浄液が違うことがわかります。
洗浄液は危ないので絶対に混ぜないでください。用法を守って、気持ちいいバスタイムをおくってください。

スポンサードリンク

コメント