お風呂の壁の黒ずみはブラシでも落ちない!?掃除方法と優秀な道具

oke 掃除

お風呂の壁の黒ずみを見つけたらできるだけすぐにブラシでこするようにしているのですが、それでも黒ずみはできてしまいますよね。
ただこするだけではもう取れないので、簡単な掃除方法と必要な道具についてまとめました。

  

お風呂の壁の黒ずみはカビ?垢?

お風呂の壁の黒ずみ、黒いからカビだと思ってしまいがちですがほとんどの場合がカビではなく、水垢が汚れてそれが黒ずんでしまったものなのです。

もちろんカビの場合もありますので、黒ずみがカビの場合は、カビキラーなど塩素系の洗剤で落ちます。
しかし、水垢の場合はアルカリ性の汚れなので同じアルカリ性のカビキラーを使ってもなかなか落ちないのです。

お風呂の壁をブラシでこすっても落ちない!

先ほど説明したとおり、水垢が汚れて黒ずんだ汚れの場合はアルカリ性の汚れになるので、普通の家庭用洗剤(中性やアルカリ性が多い)でブラシを使ってゴシゴシとこすっても落ちません。

そもそも黒ずみは、皮脂の汚れや石鹸カス、水道水のミネラル分などが長い時間をかけて混ざり混ざって蓄積されてできるものなので、そう簡単には取れないのです…

つまり、お風呂場の壁掃除を怠っていればいるほど頑固な汚れを作りあげてしまうのです(;▽;)

アルカリ性の汚れには「クエン酸」の出番です。

《クエン酸パックを使った方法》

【用意する物】
・クエン酸スプレー
(クエン酸大さじ1とお湯200mlを混ぜたもの)
・キッチンペーパー
・食品用ラップ
・ブラシやスポンジ

【やり方】
・乾いた壁の汚れ部分にキッチンペーパーをあてて、そこにクエン酸スプレーを吹きかける。
(キッチンペーパーにしっかりと染み込ませてください)
・その上から食品用ラップをして密閉する。
・半日程放置。
・スポンジで軽くゴシゴシする。
・シャワーの水で洗い流す。

スポンサードリンク

汚れができてそこまで日が経っていない場合は、この方法でだいたい落ちます。

お風呂の壁の掃除方法と優秀な道具

長期間放置しててクエン酸では、そこまでキレイにならない場合もあると思います。
そんな頑固な汚れでも、すぐに取れてしまうのがシールはがしスプレー。

購入したての食器の裏などに値段のシールが貼ってあって、それをキレイにとる時などに使う普通のシールはがしスプレーです。
とくに通販サイトなどで販売している「3Mスプレークリーナー30」がオススメです!

なぜ取れるのかと言うと、このスプレーは汚れを溶かすことが目的の有機溶剤形クリーナーなのです。
3Mクリーナーの説明文に

・天然柑橘油系主成分の強力な洗浄力で、多種類の汚れを落とします
・こびりついたテープやステッカー剥がし、のり残り除去、床や壁の黒ずみ取りに

とあるように、しっかり壁の黒ずみにも使えます。
お風呂場の黒ずみにシールはがしが使えるなんて、考えたこともありませんでしたが、試す価値ありです(*^^*)

【やり方】
・よく乾いた浴室に壁に、満遍なくスプレーをする。
・15分?20分程放置。
・シャワーで水をかけながら、ブラシでゴシゴシ擦る。
・バスマジックリンなどお風呂用の洗剤で洗い流し、ヌメリを取る。

【注意点】
●柑橘系の香りがキツいので必ず換気してください。

シールはがしスプレーは汚れを浮き上がらせるだけなので、ブラシで少しだけゴシゴシすれば、ほんとに驚くぐらいツルンっとキレイになります。

まとめ

サボってきたお風呂の壁掃除、シールはがしスプレーを使うだけで簡単にキレイにできちゃうので是非やってみてくださいね。
ちょっと掃除するだけで、ピカピカの壁が手に入りますよ( *???)ノ

スポンサードリンク

コメント