タオルに黒カビが生えたら捨てるべきか、身体への影響と取り方

oke 掃除

タオルにポツポツと黒い斑点が出来ちゃった!!まさか、これって黒カビ!?
黒カビは身体への影響が心配ですが、タオルをそのまま使用しても大丈夫なのでしょうか?
対処の方法をご紹介します。

  

タオルに黒カビが生えたら捨てるべきか

梅雨の時期もそうですが、冬の間は気温も冷たくカラッとした気候が少なくて、洗濯物が乾きにくいですよね。
いつもタオルに湿気がたまっていませんか?また、タオルは使用したらこまめに洗濯していますか?

湿気や汚れが溜まっているのに気づかず、そのまま使っていると、タオルにポツポツと黒い斑点が…。

そのタオルの黒い斑点の付着は黒カビです!タオルに黒カビが生えてしまうなんてショックですよね。
洗濯し直しても黒カビがはとれません。そのまま使うのは嫌だし、勿体ないけど、捨てちゃおう!なんて方もいるのではないでしょうか。

大丈夫です!タオルの黒カビはちゃんと落とすことができます。

タオルの黒カビが与える身体への影響

普通に生活していてもカビの胞子はどこにでも潜んでいます。すべてのカビが身体に影響のあるわけではありません。
チーズなどを作るカビもありますが、そのタオルに生えてしまった黒カビは身体に有害なカビです!

黒カビを吸い続けるような環境にいると、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を引き起こす要因になります。
また、気管支喘息や肺アスペルギルス症などの病気を引き起こすことがあります。

小さな子供や高齢者は免疫力が強くなく、健康な人よりも症状を発症しやすいです。

風邪でもないのに、くしゃみや鼻づまりが続くのは、アレルギー性鼻炎かもしれません。
それらの症状のすべてがカビが要因で発症してしまうわけではありませんが、出来るだけカビからは遠ざけたいですね。

スポンサードリンク

タオルの黒カビの取り方

・黒カビ発生が考えられる要因
洗濯物を洗濯機に入れっぱなしにしたり、洗濯しても生乾きだったりと湿気がタオルに溜まっている場合が多い。
または、洗濯槽を洗っていなくてカビや雑菌がタオルに移っている。
洗濯槽は意外と汚れが溜まりやすく定期的に洗濯槽クリーナーで洗って、乾燥させる必要があります。

これらの要因をしっかり対策して、カビが発生する要因を抑えましょう。

・タオルの黒カビ除去
1.酸素系漂白剤を使用する。
60度のお湯に粉末タイプの酸素系漂白剤を溶かし、1時間ほどつけ置きします。
お湯を使うのは漂白剤がより溶け浸透しやすくするためです。また、粉末の方がよいとされています。

もっと、頑固なカビに対しては塩素系漂白剤(キッチンハイター)を使用します。
ただ、塩素系を使うのは最終手段。カビや殺菌に対しては効果が大きいもののタオルの生地が痛んだり色落ちが激しいです。

2.熱湯消毒をする
色落ちが心配なタオルに対しては、熱湯消毒をおすすめします。
カビは高温に弱いことが判明しています。
大きい鍋に洗いたいタオルと重曹を入れてグツグツ煮ちゃいます。その後は水洗いしましょう。火傷に注意してくださいね。
よく晴れた日に天日干しするとさらに殺菌力がアップします。

まとめ

カビの胞子は日常のどこにでも潜んでいます。黒カビは身体への悪影響があるため、目に見えたらすぐに対処するようにしましょう。
毎日使うタオルは清潔に保ち、安心して使いたいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました