浴槽の掃除は重曹?クエン酸?簡単に効果的な使い方と注意点

料理にも使われている重曹や酢は、掃除にも様々な用途として使用されています。
小さなお子さんやペットのいるご家庭でも安心して使用できるとして人気を集めています。。
しかし、重曹や酢は、どんな汚れに効果的なのでしょうか?使ってみたけど効果がないという方は、使用用途が違うのかもしれません。
今回は、重曹と酢を使って浴槽の掃除方法と一緒に、どんな汚れに効果的なのかを一緒にご紹介します。

スポンサードリンク
  

浴槽の掃除、重曹の使い方と注意点

重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」。弱アルカリ性の成分を持ち、酸性の油汚れや手垢に強いです。
研磨効果でこびりついたサビや、カビなどを落とします。
重曹は、成分の純度により薬用、食用品、工業用があります。料理のアク取りやふくらし粉など、家庭用で多様な用途で使え、値段も手ごろな食品用がおすすめです。

浴槽の掃除方法
・浴槽内の湯垢
 1.お風呂の残り湯を少量残し、重曹をいれます。
 2.残り湯とともにスポンジで浴槽をこすり、水で洗い流します。

・浴槽内の頑固な汚れ
 1.湿らせたスポンジに石鹸をつけます。
 2.1にさらに重曹をプラスして、汚れた部分をこすり、水で洗い流します。 

注意点:アルミには使えません。宝飾品にも使用は禁止です。

浴槽の掃除、クエン酸の使い方と注意点

お酢は掃除に使用するには、臭いが苦手という方には、クエン酸をオススメします。
クエン酸が使われる理由は、水垢に強いからです。
水垢(炭酸カルシウム)はアルカリ性の成分を持ちます。クエン酸はアルカリ性の成分を中和する成分があります。
そのため、クエン酸は水回りの万能エコクリーナーとして用いられています。

浴槽で使う場合には、クエン酸水のスプレーをつくります。

スポンサードリンク

クエン酸水の作り方は、クエン酸を水に溶かした水溶液を作ります。
クエン酸を大さじ1程度と水200㎖をいれ、よく振って溶かします。

浴槽の掃除は、水垢の気になるところにかけ、洗い流します。
なかなか水垢が取れない場合には、クエン酸スプレーをした後にラップでパックし、2~3時間ほど置きます。時間がたったら磨きながら洗い流します。

注意点:大理石、鉄などには使用しないでください。
    市販の塩素系漂白剤や塩素系の製品と混ぜると有機ガスが発生することもあります。絶対に混ぜないで下さい。

浴槽の掃除を簡単に効果的なのは

重曹とクエン酸の掃除においてのポイントは、重曹は皮脂汚れなどの湯垢に効果的。クエン酸は水垢など水回りの汚れに効果的!
このポイントを覚えておくと、掃除もラクチンになるのではないでしょうか。

また、浴槽を全体的にキレイにしたい場合には、残り湯を使った方法がおすすめです。

1.残り湯に重曹1カップ入れる。
2.洗面器や子供のおもちゃなどの小物も一緒につけておきましょう。
3.翌朝まで放置。
4.翌朝、浴槽の水を捨て、擦って汚れを落とし洗い流します。
5.ふきんで水分をとりのぞく。

水垢が気になる時は、クエン酸を1カップいれて同じようにつけ置きし洗い流してください。
シャワーヘッドなどは、意外と汚れが溜まっているので、そのまま浴槽につけおきし、翌朝ブラシなどで細かな汚れを取り除いてください。

お風呂の小物類の掃除は、結構手間がかかりますよね。子供のおもちゃは汚れが溜まりやすいです。
浴槽に一晩つけ置きするだけで、浴槽と一緒にキレイになり、とてもすっきりしますね。

まとめ

重曹とクエン酸の使い方を知っておくと、家庭の掃除がより快適になりますね。
市販の強力な洗剤とは違い、身体にも優しい成分でできているので、安心して使用できます。
自然で優しい掃除方法で心地よいバスタイムを送ってくださいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました