実家・義実家にお歳暮を贈るべき?お返しなしの義両親とのやりとりやめたい

girioyaoseibo お歳暮

大好きな人と結婚して家庭を築く・・・女性にとってはあこがれだったり夢だったりしますよね~。
結婚したらだんな様とラブラブな生活を送ってそのうち子どももできて・・・ってちょっと待って!

結婚ってそんなステキなことがたくさんある反面、実はめんどくさいこともた~くさんあるんですよ~。
そのひとつが義実家とのおつきあい。もちろんめんどくさいなんて思わない人もたくさんいます。

でもだんな様のご両親だし、嫁ぎ先だしヘタなこともできない・・・義実家とのおつきあいは切っても切れないものですが、なかなか気を遣うポイントでもあります。
そんな義実家とのお付き合い、どうしたらいいの?って悩むこともあるかも。
しかもおつきあいはず~っと続いていきます。だから最初にどうするかが肝心。今のうちに義実家とのおつきあいについて考えてみましょう。

そもそも実家・義実家にお歳暮を贈るべき?

年末になると大掃除やお正月の準備などやらなきゃならないことがもりだくさん!
「も~イヤ!」って投げ出したくなっちゃうことも・・・でもそんな中で忘れちゃいけないのがお歳暮。
お歳暮は1年間の感謝の気持ちをお伝えするものなので、特に結婚1年目はお世話になった方やご主人の職場などに対して贈った方がいいかもしれません。

ここで悩むのが義実家にお歳暮を贈るべきがどうか。
本来お歳暮は感謝の気持ちを込めるものなので誰に贈るべきとかいうことはありません。
ビジネス関係に贈るのが一般的ではありますが、最近では身内や親戚に贈ることもあるようです。

もちろん贈らなくてはいけないなんてことはありません。
特に同居している場合や、近くに住んでいて頻繁に行き来がある場合には改めてお歳暮・・・っていう方が違和感がありますよね。
そういう場合は省略してもいいかも。

でも、普段あまり交流がないのであれば贈ってもいいでしょう。
贈らなくても間違いではありませんが、もし贈らなかったことであとで陰口を言われたり嫌味を言われて嫌な思いをするくらいなら贈っておいた方がベター。
ワタシはそういうことが気にならないタチなので陰口も嫌味も大丈夫ですが、それで肩身の狭い思いはしたくない!とか、贈らないでいて「あの時贈っておけばよかった」と後悔するくらいなら、贈っておいた方が気持ちもスッキリしますよね。

でもここで気をつけなきゃいけないのは、先ほども言いましたが最初が肝心ということ。
最初に贈ると、そこからず~っと贈り続けなければならなくなる可能性があります(なかなか途中では止めづらいですもんね)
反対にある時から贈ろうと思うとこちらも相手も戸惑ってしまいます。どうするか、ご主人と方向性を決めておくといいかもしれませんね。もしご主人と意見が分かれてしまうなら、贈っておくのが無難でしょう。

義実家からお歳暮のお返しなし!

さて、1年目だからとりあえずお歳暮贈っておくか・・・ということでお歳暮を贈ったんだけど、義実家からなんの連絡もない!なんてことがあったらどうしましょう。
もらう側のマナーとしてお歳暮をいただいたらお礼の連絡をすべきなのは言うまでもありません。
それは相手が誰でも同じもの。
「親しき仲にも礼儀あり」という言葉の通り、身内であってもそこはきちんとしたいものですよね。
だって贈る側からしたら、せっかく贈ったのになんの連絡もなければ届いたかどうかもわからないし、なによりモヤモヤしてしまいます。

義実家がもし「もらってあたり前」と思っていたら連絡なんてしないかもしれません。
でもこちらとしてはモヤモヤモヤモヤ・・・ストレスになっちゃいますよね~(>_<)
こういう時は普段の義実家・義両親の様子を思い出してみましょう。

もし義両親が普段から「あたり前」というような様子が見られるのであれば(何をしてもお礼の言葉もないとかね)、こちらも「連絡はなくて当たり前」と思っておきましょう。
お礼の言葉があるべきだと思うから連絡がないとモヤモヤするんであって、もともとないと思っておけば少しは気も楽になります。
いらないストレスは溜めないようにしましょ♪

スポンサードリンク

お返しについても同じ。まず基本的にはお歳暮にはお返しは原則不要です。
相手からの感謝の気持ちに対してお返しをするのは変でしょ?
お返しをしたりお年賀を贈ったりするのは、あくまでもこちらからも感謝の気持ちを伝えるため。
だから基本的にはお返しはないと思っておく方が無難です。

特に普段から義実家からのいただき物がほとんどない!なんていう場合には(いただくことがあたり前ではないですよ。もちろん)、お返しもないと思っておけばいいんです。

あると思うからないことに対して気になっちゃうんです。
こちらから贈って終わりと思っておけば、お返がしなくても「だよね~」で済ませられちゃう。
ここは無駄なストレスはかけないようにしないと。ここでモヤモヤすると、あとでしこりを残しかねませんよ~。
そんなのもったいない!

要は気の持ちようということで、こちらがオトナの対応をしてるんだと思えばいいんです。

お歳暮の義両親とのやりとりやめたいときは?

とはいえ、こちらから贈ってるのに電話一本もなければやっぱりイヤな気持ちになっちゃうもの。
ワタシなんか確実にグチグチ言いますよ。きっとw

贈っても贈っても暖簾に腕押し状態なら、やりとりを止めたくなりますよね~。
そんなときどうやって止めるか。ここは最大の気遣いポイントです。

ここで失敗するとその後の義実家とのおつきあいに影響を及ぼしかねません。ですのでここは慎重にいきましょう。
やり方は大きく2種類に分かれると思います。直接伝えるか、自然に止めていくかです。
まず直接伝える方法ですが、ここは必ずご主人に伝えてもらってください。
間違ってもアナタが前面に出てはいけません。その際にも「妻は止めない方がいいって言うんだけど・・・」とあくまでもご主人の意思で止めるということを伝えるようにしてください。

たとえそうじゃなかったとしても「嘘も方便」ですw ここでアナタは(たとえそうは思っていなくてもw)止めない方がいいという姿勢でいてください。
嫁としての立場を守るためには重要です♪

自然に止めていく・・・こちらの方がやりやすいかもしれません。
特にご主人と意見が分かれる場合には。そういう場合に直接伝えてもらうと、うっかりアナタのせいにされちゃうこともあるかもしれません。

お歳暮を自然に止めていくには、たとえば直接訪問をしてその際に手土産を持参するのはいかがでしょう?
お歳暮という形ではなく手土産であれば、義実家に贈り物をするのには変わらなくても堅苦しさはなくなります。

しかもあくまでも手土産なので、お歳暮ほどがんばらなくても大丈夫。
お歳暮の形も崩してしまうので、自然とお歳暮を贈らなくてもよくなっていきます。

ポイントは形式ばるのを止めること。かる~い気持ちで、手土産持参で遊びにきました~ってお邪魔しちゃいましょ。
お邪魔するときはちょっとしたものでも手土産を持参するようにすれば、お歳暮みたいに形式ばったものを改めて贈る必要もなくなるのではないでしょうか。

まとめ

結婚することで義実家とのおつきあいは欠かせないものになります。
これからず~っと続いていくおつきあいですから、最初がとっても肝心になることは言うまでもないこと。
お歳暮に関して言えば、なぜ贈ろうと思ったのかを確認してみてください。
周りに合わせる(周りとの調和の)ためなのか、両家の習慣になっているのか、それとも自分たちの気持ちを表したいのか・・・もし周りに合わせるのであればご兄弟に確認してみるのもいいかもしれません。
でも、何よりも大切なのはご主人と方向性を決めることですよ

めんどうなこと、大変なことたくさんありますが、ご主人と一緒なら大丈夫!周りに流されすぎず、ストレスを溜めすぎず、「デキる嫁」として義両親とも円満なご関係を築いてくださいね♪

スポンサードリンク

コメント