結婚後、両親にお歳暮を贈る?送り状や文例のまとめ(義両親宛)

oseiboryousin お歳暮

結婚後、ダンナ様のお友だちやお仕事関係、そして何よりもダンナ様の親戚とのおつきあい・・・中でもダンナ様のご両親やご兄弟は義両親になり義兄弟になりと、自分にとっても身内になります。なんといってもず~っとおつきあいする人たちです。
一般常識がすこしばかり未熟なだけであなたの中身を否定するような人は気にすることないですが、マナーはできたほうがいいよねっくらいで、気持ちが伝わればいいのです。それが本来のマナーですから。
だからこそ、しっかりとしておきたい!何よりも大好きなダンナ様のご家族ですしね。押さえておくべきポイントは押さえておきましょう♪

結婚後、両親にお歳暮を贈る必要ある?

「礼に始まり礼に終わる」という言葉があるくらい、礼儀はどのような場面においても重視されます。
「ご挨拶はしっかりと」っていうのは小さな子どもに対しても言われること。それは身内にしても当然です。特に結婚したあと、義両親に対しての礼儀はしっかりしておきたいところ。
自分の両親のためにも「あの子はどう育ってきたのかしら~」なんて思われないようにしたいです。

義両親が身近にいてお会いする機会も多いのであれば、そのたびに色々なお話もできるでしょう。
その流れで「今年もありがとうございました」とご挨拶ができるかもしれません。
でも義両親が近くにいない場合は意識して折々にご挨拶をした方が無難です。
結婚後、お中元の頃、そしてお歳暮の時期など・・・ご挨拶をしておいて悪いことなんてありません。
特にお歳暮に関しては1年の締めくくりとして1年間の感謝の気持ちを込めるもの。
この時期に1年分の気持ちを込めてご挨拶をしておいてもいいかもしれません。

でも、だからといって必ずしもお歳暮を贈らなければならないというわけではないですよ。
普段から義両親と行き来がある場合などには、改めてお歳暮を贈るとかえって戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
そういう時はお歳暮という形にとらわれずに、ちょっとしたお礼という形で、たとえば一緒にお食事をするとかでもいいかもしれません。
でもおつきあいが頻繁ではなく、電話のやり取り程度であるならばお歳暮を贈ってもいいかもしれません。

改めてお歳暮を贈ることで感謝の気持ちを伝え、ご挨拶をするわけです。お歳暮を贈ると義両親の方から「贈らないでいい」と言われることもあるかもしれません。
そしたら次からは別の形にすればいいんです。 それから、中にはそういう形式ばったことを好まないおうちもあります
そういう場合にはかえって気を遣わせてしまうことにもなりかねないので、ダンナ様を通じて事前に確認してもいいでしょう。
いずれにせよ、贈る前にダンナ様と方向性について話し合ってみてください。もし話し合いがうまくまとまらない場合にはお歳暮を贈っておくのが無難でしょう。

スポンサードリンク

 

お歳暮の送り状は必要?

お歳暮を贈る際には義両親の好みを事前に確認しておくのがベターです。予算は5,000円以下くらいで考えていれば大丈夫です。
ポイントはかける値段ではなく、相手が喜ぶものであるということ。これにちょっと高級感が出るようなものであればもっといいかもしれません。

お歳暮を送る際には送り状(添え状)を添えるといいでしょう。ただ品物だけが届いても相手は戸惑ってしまうかもしれません。
たしかに熨斗がついていれば一目瞭然でお歳暮だとは気づくでしょう。でもしっかりと気持ちを込めたいのであれば、送り状(添え状)を付けておく方がより伝わりやすいでしょう。

 

お歳暮の送り状の文例は?(義両親宛)

さて、それでは送り状(添え状)にはどのようなことを書けばいいのでしょうか?
送り状(添え状)は改まった形式とそうでないものがあります。
送る相手が義両親なのであれば、改まった形式でなくてもかまわないでしょう

でも、だからといってなんでもいいわけではありません。基本的な内容はしっかりと押さえておきましょう。

①時候の挨拶(ex:師走を迎え)
②相手を気遣う言葉(ex:お忙しいとは思いますが、お変わりはありませんでしょうか)
③感謝の気持ち
④贈ったものの内容
⑤今後もお世話になることへのお願い

こんなカンジでしょうか。
もし別便で品物を送るのであればいつ送ったのか、いつ頃届くのかも一筆入れた方がいいです。

あわせてお正月にうかがう予定があるのであれば、その旨を書き添えます。
文章はビジネス文書のように堅苦しく書く必要はありませんが、気持ちを込めて手書きで書くようにしましょう。
別便で送る際にはハガキよりも便箋の方がいいいでしょう。ポイントは堅苦しくならず、押しつけがましくならないようにすること。

 

まとめ

お歳暮は相手に対する感謝の気持ち。お歳暮に限らず、感謝の気持ちは折に触れて伝えていくといいでしょう
それは妻としてでもなく、嫁としてでもなく、人として大切なことだと思います。
相手によく見られたいと思って行動しても、それはいずればれてしまうかもしれません(ワタシはあっという間に化けの皮が剥がれましたからw)

でも礼を尽くすことが大切だと思ってやっていれば、それは相手に必ず伝わります。
それがひいては自分の株をUPすることにもつながるんです(コレ、経験談)!あとから良い評価がついてくるのであれば、これほどいいことはありません。

ご挨拶をきっかけに仲良くなって、主人がリストラされて来月から収入ゼロ(雇用保険もないブラックでした)になった時、主人の実家が野菜やお米を送ってくれたり、
少し援助してくれたりと本当に助かったし、その優しさに触れ胸がぎゅーって熱くなって涙が止まりませんでした。。

当時は私も休みなく朝早くから深夜2時まで働きましたからなんとか生計は立て直したのですが、、m(_ _)m

死にそうなとき、人のやさしさに触れると、義両親が喜んでほしいなーという気持ちが心から湧いてきました。。

まぁ、最低限のことをしておけば無難ということです^^

スポンサードリンク

コメント