義理兄夫婦へお歳暮は贈るべき?義姉夫婦は?宛名夫婦の書き方

giriani お歳暮

結婚して最初の年末年始。方々へのご挨拶は忘れないようにしたいものです。年賀状ではもちろんご挨拶はするでしょう。でも年賀状は新年のご挨拶。1年間の感謝の気持ちを表すものではないんです。「そもそもなんにもお世話になってないのに挨拶っているの?」ってかつての私は思っていました。
でも、たとえなんにもお世話になっていなくてもご挨拶はとっても大事なんですよね。
特に結婚してはじめて迎える年末年始はしっかりしたいもの
特にダンナ様の家族や親戚にはしっかりしておきたいところ。ダンナ様の家族や親戚とは長~いおつきあいになります。
もし結婚式に出席していただいていたりお祝いをいただいていれば、それはもうしっかりとお世話になっているということです(‘Д’)
そしたら年末にどうやってご挨拶するの?っていうことになるんですが、年末にはお歳暮で感謝の気持ちを込めましょう。お歳暮は感謝の気持ちを表したものですから^^

義理兄夫婦へのお歳暮は贈るべき?夫の家族はどこまで必要?

「そもそもお歳暮って上司とかに贈るんじゃないの?」って思いませんでしたか?
たしかにそれも間違ってません。でも本来お歳暮はお世話になった方に贈るもの。誰に贈るとかっていう決まりはないんですよね。
ですので別に身内に贈ってもなんの問題もないんです。実際に最近では両親などにお歳暮を贈る人も多いのだとか・・・

でもだからといって「贈らなければいけない」なんていうきまりももちろんありません
だから別に両親に贈らなくても問題はないんです。本来は。両親に贈るかどうかはダンナ様やご兄弟と話し合ってもいいかもしれませんね。

そしたら兄弟は?って思いますよね?両親は贈るとして兄弟は・・・どこまで線引きするのかは難しいところもあるかもしれません。
でも、贈らなければいけないなんてきまりはないわけですから、贈らなくてもいいんです。

特に普段から連絡を取ったりしている場合には改まって贈る必要もないのではないかなと思います。
ここでポイントになるのは、最初に贈るとそのあとも贈り続けなくてはならなくなること。

最初だけ贈ってそれ以降は贈らない・・・だと相手に不快感を与えかねないですよね?だから贈るのであれば贈り続けるものだと思っておいた方がいいでしょう。
もちろん相手から「贈らなくていい」と言われた場合には別ですが、そうでなければ贈るものだと思っておいた方が無難。
それを踏まえてどうするか決めた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

ワタシ個人的には義理兄弟には贈ったことがありません。これは自分もダンナのも同じ。贈るのもなんかな~という思いと、こっちももらってもな~という思いからスルーをしました。
自分たちより下の兄弟の場合には特にこちらからは贈らなくてもいいのかな~とは思います。上の兄弟の場合には・・・気を遣う部分ではありますが、贈らなくても失礼にあたることはないのではないかと思います。

もし兄弟が両親と同居している場合、両親あてに贈るのであればわざわざ別に贈る必要はないでしょう。
両親あてに贈る際に「お兄様(お姉様)にもよろしくお伝えください」という形で一筆添えれば問題ないかと思います。
わざわざ別にして贈るとかえって相手に気を遣わせてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

 

お歳暮は義姉夫婦にも贈る必要ある?

同居の兄弟はそこで済ませるとして、それ以外の兄弟姉妹にはどうするか・・・ここも悩みどころですよね。お嫁に行った方ですから。
でも、結論から先に言えば兄弟は平等が一番!兄弟に贈るのであればすべての兄弟に贈りましょう。
同居の場合には両親+兄弟ということで中身をすこ~しだけ豪華にして、両親あてに贈ればOK。あっちに贈ってこっちには贈らない・・・っていうのは角が立ちます。
だから兄弟には全員に贈るか、全員に贈らないかの二者択一にしてください。ここ、長~くおつきあいしていくための重要なポイントです。

 

お歳暮の宛名は夫婦の書き方

さて、お歳暮を送る際に疑問に思うのが「誰あてに送ればいいの?」ということ。上司などには本人あてに送れば基本的にはOKです。
親戚や家族ぐるみのおつきあいをしている場合には家長あてに送ればいいでしょう。

もし奥様の名前も入れたいということであれば、ご主人の名前の隣に奥様の名前を書きましょう。
ご主人の名前が中心に来るように書き、奥様の名前は名字を省略してご主人の隣に書きます。敬称(様)はどちらにもつけてくださいね。

ちなみに送り主の名前も基本的には家長の名前だけでOK。個人的に送る場合には個人名で送ってもかまいません。

 

まとめ

身内へのお歳暮はなかなか難しいものがあります。
一番手っ取り早いのは、話し合いをしてしまうこと。
そうでなくても両親よりも兄弟の方が長くつきあっていきます。ましてや「義理の」ということになれば、アナタの気の遣い方も大きなものになりますよね。
可能であれば旦那様にそういうことを話してもらってもいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント