喪中はがきいつまで?いつ頃が常識?出し忘れで年賀状が届いたら

motyu お正月

今年の8月に義理母が亡くなり、喪中はがきを出さなければならなくなりましたので、これを機に今一度、本来の常識、マナーを再確認することにしました
。喪中はがきをいつまでに、いつ頃出すか、誰に、どこまで、葬式に参列した人にも出すのか?参列しなかった人にも出すのか?もう考えたらキリがありませんし、本来常識というのは地域や家によって、究極人によって違うものなのです。ですから、絶対的に正しいというのは存在しないのです。ですから、一般的に正しいとされる無難な常識を採用して喪中はがきを出すと間違いないです。

喪中はがきはいつまでに出すのが常識?

喪中はがきをいつまでに出さなければならないかというと、一般的には12月上旬までに届ける必要があるのです。
なぜかというと、相手の方が年賀状の準備をし始めるのが12月上旬くらいなのでそれまでには喪中であることを相手に知らせる必要があるからなんですね。

相手の方が年賀状を書いて送ってしまってから喪中はがきが届くのが一番NGです。
年賀状を書く手間、年賀状を用意するための54円、知らずに送ってしまったよ(;´∀`)と思わせてしまうので3重に相手にも失礼になるのです。

年賀状を書いても送る前でしたら「書き損じ」で新しいはがきと交換してもらえるのでお金の損にはならないですが手間になってしまいますね(´・ω・`)
ですから、相手のことを考えて喪中はがきを送るのであれば12月上旬に届くようにすると間違いないですよ!

 

喪中はがきはいつ頃出すのがマナー?

では、喪中がはがきをいつ頃出すのが一番いいのか?ということですが、出すタイミングは11月末あたりです。
そうすればちょうど12月上旬には届くのでタイミングとしてはぴったりですね。

そうなると11月中頃にはそろそろ準備をし始めましょう
ギリギリになってしまうと焦って間違えてしまうこともありますから、余裕をもって少し早めに準備をして仕上げておくといいです。

喪中はがきで文章や宛名、日付など重要なミスがあるとそれはそれでまた失礼になりますし、送ってしまったらもう修正できませんから、このようにマナーが必要な事柄というのは面倒でも少し早めに準備して余裕をもって、間違いがないかチェックして送ることをおすすめします。

親戚関係などは年に何回も会わないにしてもほぼ一生のお付き合いになりますからできるだけ最低限のマナーをしないといけないですね。

スポンサードリンク

 

喪中ハガキの出し忘れで年賀状が届いたら

喪中ハガキというのは、年賀状よりも1ヶ月以上早めの準備が必要ですので、バタバタしていると忘れてしまうことも多いですよね。
生きているといろんなことが起こりますし精神的、肉体的にも大変な時もあり、自分や家族の事をこなすことで精いっぱいという時もあれば、それすらもままならないというほど消耗している時だってあります。

特に近親者が亡くなったのが秋冬で年末に近ければまたそれも自分を立て直すことに時間も必要ですしね。日々生きているとマナーだからとお金や神経を使っているどころではないことだってあります。
実際にうちがそうでした。自分の家族がお金に困って、夫婦関係が立て直せないほど壊れていて、子供も手がかかり、病気や介護している母がいる等もう1日の終わりには疲れ果てて何も考えられません。

まぁみんながそこまでではないにしろ色々ありますから、忘れること期日までにできないことっていっぱいあるんですよね!
だからそんな時は、年賀状を頂いたらその方に「寒中見舞い」としてはがきをお送りすればOKなんです^^

年末年始のご挨拶をあえて控えさせていただいたという文言をつけて本年も宜しくお願い致します と。
マナー、常識としては間違いありません。

 

まとめ

喪中はがきというのはそろそろ出さないといけないな、という目安が明確でないため思い出しにくいことでもありますよね。
最近はCMで喪中はがきを流しているのを見たことがありますが、、稀です。年賀状となれば街中やテレビなどで目にするためそろそろかなーとわかるんですけどね。

ですから喪中はがき出すときは、遅くとも12月上旬までに届ける必要があるため、11月初旬にはそろそろ準備をし始めると余裕をもって書くことができるので楽ですよ。
ベストタイミングは11月末には出すことができるといいですね。

自分の親戚関係だけでなく主人の親戚関係の場合はやはりマナーはしっかりしたいですから、あらかじめスケジューリングしておくと忘れずにすみますし、旦那さんとも早い段階で話し合いもできますからそうされることをおすすめします。

主人と関係がうまくいっていないときにこういうことがあるとホントストレスMAXで、すべて拒否したくなりますが、後々のことを考えてここはグッとこらえて私は乗り切りましたm(_ _)m

 

スポンサードリンク

コメント