スポンサードリンク

シンクまわりの汚れで気になるのが水垢。あの白くうろこ状になっているアレですね^^これがなかなか取れない!
毎日掃除しているのにいつのまにか存在している・・・なんてことがよくありませんか?
そもそもあの白い水垢はどうやってできるか、、普段シンクでは水道水を使いますよね?
その水道水の中には『カルキ』という成分が入っています。
カルキはカルシウムの仲間でこのカルシウムなどのミネラルが蒸発せずに残ったものが水垢なんです。
だから水道水を使っている以上、水垢が発生してしまうのはある意味では仕方のないことなんですね。
その水垢をどう落とすか?ステンレスのシンクの変色を防ぐクエン酸やクリームクレンザーの使い方をまとめました。

キッチンの水垢掃除をクエン酸を使うメリット

think

毎日使うシンクだからこそキレイに保っておきたいものです。そこで使うのが洗剤類。ふだんのお掃除で何を使ってますか?
私は水垢対策にクエン酸を使用しています。このクエン酸、100均でもお掃除に使えるものが売っているので市販の洗剤よりもオサイフにやさしいんです。
しかも自然由来のものですので、環境にもやさしい。
食用だと疲労回復とか美肌効果もあるくらいですから、やさしいものなんですよね~。
このクエン酸、文字通り酸性で、水垢はアルカリ性、アルカリ性は酸で中和されるので、クエン酸が汚れを落とすのに効果を発揮するんですね。

私はこれを水に溶かしたクエン酸スプレーを使ってます。
だいたい200mlくらいの水に小さじ1~2杯程度のクエン酸を溶かしてスプレーし、つけおきしたらスポンジと流水で流す。これでけっこう水垢対策になります。
でも!これも効かないようなガンコな水垢もあります。
そんな時はクエン酸の濃度を高くして使っています。
でもでも!!それでも落ちないこともあるんです・・・
最初は『クエン酸って万能お掃除グッズじゃなかったの?』って思いました。
なのでつけおきの時間を長くしたりクエン酸の濃度を高くしたりしてみましたが、それでもダメだった・・・orz

そう。クエン酸は必ずしも万能ではないんです。なぜならクエン酸は表面の汚れを落とすのには向いているのですが、浸透した汚れやガンコにこびりついた汚れまで落とすのは難しいから。
汚れをクエン酸が中和するのですが、ガンコなものだとなかなか中和できません。
また、水垢の中にはシンクの目に見えないような細か~い傷などに入り込んでしまうものもあります。
そうするとなかなかクエン酸だけでは落としにくいんですね。たとえスポンジを使ってもそれは同じ。
表面をキレイにしても中に汚れが残ってしまえばその汚れはいつまでたっても落ちません。むしろ蓄積されていくだけになってしまうんです。

スポンサードリンク

 

キッチンシンクの掃除をクエン酸で効果的に使う方法

もうひとつ、クエン酸が万能ではない理由。それは変色してしまう可能性があるということ。
クエン酸は弱酸性です。そう。『弱』といっても酸性なんです。
だから鉄や大理石なんかは錆びたり溶けてしまうことがあります。
シンクの多くはステンレスを使っていると思います。『それなら安心じゃん』なんて思わないで!
ステンレスでも長時間放置し続けると腐食してしまうことがあります。ですのでクエン酸を使ってお掃除をする時には

1、長時間放置しすぎないこと
2、よく洗い流すこと

を厳守してくださいね。

 

キッチン排水溝の掃除もクエン酸でキレイになる?

「そしたらどうやって水垢をお掃除したらいいの?」ってなりますよね?そんな時に活躍するのがクリームクレンザー。
「やっぱりそれ?」って思いませんでした?
実はやっぱりコレが一番なんです。

クエン酸はお風呂やトイレなど活躍の場がたくさんありますが、シンクまわりはこれがいいかも。
そもそもクレンザーってなんなんでしょう?クレンザーは『界面活性剤に研磨剤を加えたもの』です。

そう、研磨剤が入っているのでこびりついたガンコな水垢も落としてくれるっていうわけ。
よく歯磨き粉のCMなんかで歯に着いた汚れを掻き出したり削り取ったりしてますよね?
あんな感じに似てるかもですが、「でも傷つきやすいんでしょ?」って思いました?
たしかにクレンザーはこすりすぎると表面に傷をつけてしまうおそれがあります。

でもクリームクレンザーならその可能性も低くすることができますし、たわしじゃなくてスポンジでもOK。
もっと不安な場合はデニム生地や古いストッキングなんかでも効果を発揮できます。
ですので、粉タイプじゃなければ比較的安心して使うことができます。
それでもやっぱりこすりすぎはよくないですけどね。

クレンザーもちょっとつけおきしてスポンジでこすり洗いしてよく流せばOK。
肌荒れの心配も低いみたいですが、私みたいに肌が弱いのであれば手袋をつけるほうが無難です。
昔ながらのロングセラーにはそれなりの理由があるんですね。

 

まとめ

今やお掃除アイテムがたくさんあって何を選んだらいいのかわからないこともあると思います。
特に環境やエコにいい!なんてなっちゃえばそっちがいいかな~なんて思っちゃいますよね。
でもね、どんなものも万能ではないんです。
メリットもたくさんあるけど、その分デメリットもある。
だからこそ、適材適所に使い分けることが大切
だって汚れが落ちなきゃ意味ないですから。
私はふだんのお掃除はクエン酸使ってますが、大掃除とか徹底的にお掃除したい時にはクレンザーも使います。
要はキレイになればよし!っていうこだわりが少ないもんで・・・www
『いいものを使い分けてこそお掃除の達人になれる!』とは誰が言った言葉だったか忘れましたが、それぞれの場所に一番合うお掃除グッズでキレイにしてくださいね♪

スポンサードリンク