スポンサードリンク

毎日お掃除しているのにいつの間にかお風呂がピンク色に・・・なんてことありません?シャンプーボトルの底とか気づいたらピンクになってた・・・なんていうのは我が家では日常茶飯事(;_;)
毎日お掃除してるんだけどな~。あのピンク色の正体は赤カビ。気づくと繁殖しているやっかいな赤カビです。そこで、そんなやっかいな赤カビを徹底的に撃退できるか試してみました。

お風呂の赤カビは重曹で掃除NGの理由

そもそも定期的に掃除しているのになんで赤カビが発生してるの?って思いません?
しかも水洗いじゃなくてお風呂用の洗剤使ってるのに・・・って。
実は赤カビはお風呂用の洗剤では落ちないんです。一見落ちてキレイになったように見えますが、赤カビは繁殖力が高い!
だからお掃除しても出てくる出てくる・・・あっという間に増殖しちゃうんです。

そもそも赤カビ、実は酵母の一種である『ロドトルラ』という雑菌です。
この赤カビの好物は垢や髪の毛などの汚れと湿度。ね、お風呂は赤カビにとって楽園なんです。
だからお掃除してもお掃除しても赤カビが発生しちゃうんですね~。ということで、赤カビ対策に一番いいのは発生予防をすること。
そのためには毎日のお掃除&換気が欠かせません。

垢や汚れを流し落とすこととしっかり換気をすること。
特に入浴後は温度も湿度もあるので、お掃除したらシャワーなどで水を流し、温度も湿度も下げることが重要です。
合わせて45度以上のお湯をかけると赤カビは不活性化します。
それでも発生した赤カビは市販のカビ取り用洗剤を使いましょう。洗剤をかけてこすり洗いをすれば、しつこいものでなければ簡単に落ちます。
赤カビは放置するととんでもないことになるので早めの対策が重要です。

でも市販のカビ取り剤ってけっこう強力ですが高いんですよね!そこで重宝したのが『重曹』です。
重曹はいろんな場面で使えるお掃除界のエース的存在として最近では有名です。この重曹が赤カビ対策にもなるんです。
ただし気をつけたいのが、必ずしも『重曹=赤カビ落とし』ではないということ。
どちらかというと、重曹は赤カビ予防の方で効果を発揮しやすいんです。
ですので毎日のお掃除に重曹で、できてしまったらカビ取り用洗剤でというように考えておくと確実です。
akakabi
毎日の掃除はとなると結構面倒だったりするので、私の場合は、こんな風にシャムワウで水をふき取ります。

スポンサードリンク

これには2つメリットがあって、カビ予防も一つ、換気扇を回さないので電気代が2,000円も安くなったことですね。
重曹で掃除をするよりも、楽で毎日の日課になってます^^ シャムワウも3枚100円で激安ですから毎回おためしセットしてます(*^_^*)
シャム3【お試し3枚セット¥300】

重曹で赤カビ対策をする場合には直接重曹を赤カビゾーンにパラパラっと振りかけます。
もっと効果的なのは『重曹沸騰水』を使うこと。重曹沸騰水は沸騰した水約1リットルに約80gの重曹を溶かして作ります
それで、できた重曹沸騰水をお風呂場にまきます。そのあとに水で流せばOK
この時にアルミ製のやかんは使わないで!アルミと重曹が反応してしまいますのでホーロー製のやかんがいいですね。この時にやけどには十分注意してくださいね。

重曹はアルカリ性なので酸性を中和してくれるチカラを持っています。
赤カビの好物である髪の毛や手垢などのタンパク質系の汚れに効果を発揮してくれるんです。
何度も言いますが赤カビは繁殖力が高いです。
だから一度菌を死滅させないと次から次へと発生してしまう・・・なんてことになっちゃうんですよね(T_T)

 

赤カビは重曹とクエン酸どちらが効果ある?

さて、赤カビ対策に重曹と言ってきましたが、実は酸性のものでも赤カビをやっつけることができます。
酸性のものといえばお掃除に使う代表格としてお酢とクエン酸があります。
この2つは酸性の代表としてお掃除グッズに名を連ねています。
実はこの酸性、水垢や石鹸垢などのアルカリ性を中和するのに効果が高いのです。
それに除菌能力も持っていますから、クエン酸でも赤カビ菌をやっつけることができるというわけ。
でもやっぱり赤カビ対策をしたいのであれば体感的にも重曹がオススメしますね。

 

お風呂の赤カビはクエン酸で落とせる?

クエン酸はアルカリ系の汚れには効果的。お風呂場の床や鏡など、水垢や石鹸垢などが多いところには効果的ではあります。一方で赤カビはタンパク質系の汚れがお好み。
ですのでまったく効果がないとは言えませんが、重曹に比べて効果が薄いのは確かなんです。
お風呂場の床などが気になる場合にはクエン酸+重曹のW使いで、混ぜて使うと化学反応を起こしてシュワシュワッと泡になりそれが汚れを落としていきます。
私は面倒なのでほとんどやりませんが^^;
頑固な汚れの時はやはりちょっと高めのカビ取り剤を使っちゃいます。早くて確実ですので^^

 

まとめ

『重曹沸騰水』の作り方のおさらい

1、重曹沸騰水は沸騰した水約1リットルに約80gの重曹を溶かして
2、風呂場にまきます。
3、そのあとに水で流せばOK

やっかいなアイツを撃退するためには普段からの予防が大切なんですね~。ズルしないでキチンとやらなきゃ!
しかもできてしまったら早めに対策しないといけない!ということは常に重曹&カビ取り用洗剤は準備しておかなきゃいけないということですね。
重曹が赤カビと戦ってくれるなら、まいにちしっかり重曹お掃除してピンクのアイツ知らずのお風呂を楽しみたいな~。

スポンサードリンク