《調査》正月に会わない子にお年玉あげる?遠方なら郵送する?現金書留なら

otosidama お正月

お正月に帰省しても、遠方だからとか風邪や体調不良、年齢が上がるにつれてこなるなるなどいろんな理由でこない家族もありますよね。 甥っ子、姪っ子が小学生、高校生、大学生といるのですが、親戚が多くなるとその分お年玉の出費って十万円単位になってくるのでキツくないですか? できればあげたくないと思っている人も多いです。
私の考えはおじいちゃんおばあちゃんの家にお正月の挨拶に来ないならあげる必要ないと思ってます。
ただ、本来は、直接会わない旦那側の親戚関係、甥や姪にお年玉をあげるものなのか? あげるなら郵送するのか? 世間の多数派を調べてみました。

正月に会わない子にお年玉あげる?

結論から言うと、お年玉をあげるかどうか、世間はその家々によって違うから正しいはないし、多数派もありませんでした。
ただ、正月に会わない子にはお年玉をあげたくないと思う人はかなり多いです。 そりゃそうですよね、年に1回とはいえ親戚がおおければ10万円近くも出費がでるわけですから、それだけあれば自分の家族にあてたいと思うのも自然だと思いますし、そんな余裕はない!という家族だって多いのです。

世間の意見をまとてみました。

私はお互いなしにしてますよ!夫の兄弟が多いのでお年玉なんかしてたら破産しちゃいます。
Yahoo!!知恵袋

我が家は、常々行き来がある仲で本人が不在なら兄妹か親の預けますが、年に1・2度会うくらいなら「お年玉も入学祝いも顔を見てお渡しする」という自分達のルールを作っています。Yahoo!!知恵袋

私は、新年のあいさつをきちんと交わせる子供にのみ
お年玉をあげています。知恵袋

子供たちがいないなら、渡す必要はないです。私も弟の娘には会わない時は渡していませんよ。渡す義務はないのですからYahoo!!知恵袋

我が家では、いとこにも、親にもお金を包んでいます。
別にお歳暮や手土産もきちんとしてますよ。目上の方に渡すものは、「お年玉」ではなく「お年賀」といいます。
Yahoo!!知恵袋

うちから送るお年玉がないとまとまったお金がない状態だったので姪のためにと送ってました。Yahoo!!知恵袋

スポンサードリンク

 

正月に会わない子に対してお年玉をあげるかどうか、という問題は人によってかなり考え方が違いました。
嫁の立場なら郷に入っては郷に従えということで、義理母に聞くことで、義理母を立てることにもなるし、間違いがないですが、気持ちの部分で納得がいかないのであれば無理にすることはないという意見が多いですね。

少数ではありますが、気持ち的にあげたい、常識的にあげないとと思う方もいますので旦那さんと相談して決めるのが争いもなく一番いい方法でしょう。

 

遠方の親戚にお年玉を郵送する?

遠方の子供にお年玉を渡したいけど会えないというときは、世間でよく使われている以下の方法があります。

1、郵送する
2、義理母に託し渡してもらう
3、お年玉を渡す代わりにプレゼントを贈る

お年玉を渡してあげたいという方の中では特にこの3つが多いですね。
会わない子供には渡さない派の人は郵送することが理解できないようですが^^;

ひとそれぞれですからね。渡してあげたいのであれば問題ないですし、もらった子供は喜びますしね。

 

お年玉を現金書留で送る方法

お年玉を郵送する場合、現金をそのままはやはりNGで、現金書留で送る必要があります。
書留で送りいますので、宛名は親御さんにするのがいいでしょう。
また、現金書留でも物品や手紙を同封することは可能ですので、一筆お手紙も入れるといいですね!

現金書留で送る手順はこちらです。

1.ポチ袋にお金を入れる
2.ポチ袋に子供の名前を書く
3.子供と親御さんに一筆手紙を書く
4.郵便局に持っていくと専用封筒(21円)にいれてくれて手続きをしてくれます

現金書留料金は1万円までで430円、以降5000円ごとに10円が加算されます。まぁまぁ高いですね^^;

 

まとめ

お年玉についての意見は本当に様々でこれが正解というものはありません。
お年玉をあげなければならない義務はありませんが、人間関係を円滑にするために家々の決まりなどもありますから旦那さんと相談するのがいざこざにならない一番の方法です。

ただ、自分が生きてきた常識とかけ離れているとやはり「え?それは違うでしょ”(-“”-)”」と拒絶反応が出てしまうときもありますよね。
私の常識はこうだったと話をして、新たな家庭のルールを作るのが理想かなと思いました。

今回に関しては会わない子供には基本的にお年玉はあげない。
でも気持ち的にあげたいな、とか義理実家のルールとか旦那の思いが強いとかであれば郵送や義理母に託すというのもよく使われていますので良い方法のひとつではあります。

スポンサードリンク

コメント