東京大神宮に初詣へ4日は混む?当たるおみくじとお守りならすずらん

tokyodaijingu お正月

♪も~い~くつね~る~と~・・・お正月ですね♪お正月といったら初詣。
年が明けてからゆっくり初詣にでかける方も増えているようですね、新しい一年が良い年になるように神頼みしたいのであえて年明けにゆっくりでかけるというのもいいですよね。
東京大神宮などの女性に人気の恋愛パワースポットなら女性1人で行くことも多いのでなおさらです。
年始早々にご利益があるように東京大神宮の初詣についてまとめてみました。

東京大神宮に初詣へ4日の混み具合は?

でも初詣って、特に大きな神社なんかだとものすごく混みますよね。
境内まで行くのに何時間もかかるなんていうこともざらです。

どうせなら空いている時に行きたい!けど、初詣はいつまで行けばいいのかっていう疑問もあるかと思います。
もともと『初詣』というのは元旦に神様にお参りすることです。
でも(諸説はありますが)、今では『松の内(1月7日)』くらいまでにお参りするはOKの言われています。

ですので、あえて激混みの3ヶ日は避けても大丈夫です。
もともと東京大神宮はそんなに混まないんですよね。
だから4日ともなれば結構すいていて自分のペースでじっくり過ごるんですよ。

それに女性が縁結びとか恋愛成就とかで超有名ですからほとんど女性のおひとり様で訪れることが多いんですよね。私もその一人ですが(笑
元旦早々にカップルが周りにいながらお参りするより、4日ぐらいになれば落ち着いて女性おひとり様も多くて居心地も悪くないしパワースポットとして堪能できますよ!

31日の夜から元旦、三が日ともなればやはり混みます。
東京大神宮は『東京のお伊勢様』と言われており、日本初の神前結婚式が執り行われた由緒ある神社です。

結びの働きをつかさどる『造化三神』がお祀りされているので縁結びにご利益があるんですね。
ご利益があると有名なのでホント混みます。

特に元旦は2~3時間並ばないとお参りできないこともありますし、当然2日も3日も三が日はとても混雑しています。
しかも、2017年は4日が月曜日なので4日が仕事始めになる会社なども多いでしょう(私も4日が仕事始めですが、3日に行こうか悩んでいます(汗)。
そうすると必然的にお休みは3日まで。三が日はめっちゃ混む!という図式ができあがりそうな予感です。

そこで、東京大神宮に行くなら4日はいかがでしょう。
4日なら例年も比較的空いていますし、2017年に限って言えば仕事をしている人も多い。ということは3日までに初詣をすませてしまおうという人が多いと思われます。
そこであえて三が日を外して4日に初詣に行くんです。例年通りであれば、それほど混むこともなくお参りできると思いますよ!

 

東京大神宮の当たるおみくじ”恋みくじ”

東京大神宮にお参りに行ったらおみくじもひきたいところですよね。
東京大神宮は縁結びの神様なのでおみくじも縁結びに関するものがたくさんあります。たとえば『恋文みくじ』。
これは恋や愛に関する和歌から恋愛に対する助言を読みといています。

他には『縁結びみくじ』というのもあります。これは小野小町などの歌人の恋の歌が記されています。
しかも花の香りがついていて、おみくじを読んだ後はしおりとしても使うことができるんですよ。
ちなみに、おみくじってひいた後どうしてますか?
これにも色々あり、神社なんかによっても異なるようですが大きく2つに分けられます。

スポンサードリンク
1、木に結びつける。
これはよく見かけますよね?これは「神様と縁を結ぶ」というところからきています。 今は結ぶところが決まっているところもありますしね、結ぶときには忌み結びである『縦結び』にならないように気をつけてくださいね^^

2、持ち歩くということ。
おみくじはそもそも神様からのお言葉です。 これを持ち歩くことは神様からのメッセージを常に心に刻むということ。 たとえ悪い意味でも自分を戒める意味をこめて持ち歩くといいんです。

さてさて、おみくじの話に戻りましょう。
東京大神宮で最も(?)人気のおみくじが『恋みくじ』です。これが当たると評判なんですね~。
恋みくじには恋愛成就のための助言がたくさん書いてあるんです。
しかもこのおみくじには恋人形がついています。恋人形とは和紙でできた女の子の人形のことです。
女の子はひとつひとつ表情や着ている着物の柄が異なります。
ですから自分の好きな女の子を選ぶことができるんです。
このへんも普通のおみくじとは異なりますよね?かわいいお人形に恋愛に関する助言がついているなんて、これだけで良縁に恵まれそうですよね♪

 

東京大神宮に初詣でお守り買うなら人気のすずらん

初詣に行ったらぜひお守りもGetしたいところです。
私は毎年お守りをいただいて持ち歩いていました。
ちなみにお守りは1年ごとに新しいものにした方がいいんですって。
もしくは願いが叶うなどして不要になったのであれば1年経っていなくてもお返しした方がいいんです。
お返しするときはどこの神社でもかまわないので感謝の気持ちを込めてお返しします(お返しするところが神社にはあるので)
それから新しいお守りをいただくといいでしょう。
お守りは複数持っていてもOKですが、その場合はすべて同じく持ち歩くようにするのが良い問い話が多いです。
神様は平等であればお怒りにはならないそうなので・・・(という説アリ)

さて、そんなお守り、東京大神宮にもたーくさんあります。
特に縁結びに関するものだけでも20種類はあるんです。
なかでも特に売れているのが『縁結び鈴蘭守り』

これはお花のスズランをモチーフにしたお守りです。

スズランの花言葉が『幸福が訪れる』というところからきているのだそう。純白のかわいいスズランがついたお守りです。
「社紋が取れると、願いが叶う」と言われています。
なぜかというとお守りは守ってもらった時、身代わりとして壊れたりするからなですね。
なんだかステキなお話ですよね。社紋が取れたらお礼にいきましょう。

そのほかにもスズランをイメージしたお守りがあります。
そのひとつは『鈴蘭ビーズ守り』これはお守りの袋にビーズのスズランがついているものです。
そしてもうひとつが『鈴蘭根付守り』。これは根付のお守りです。
金属でできていることから『強固=強い味方』としてとらえられています。
いずれもかわいいスズランがモチーフですのでかわいいですし、ご利益もありそうですよね♪

 

まとめ

2017年の初詣のプランはもう決まりましたか?縁結びをご祈願したいなら4日の東京大神宮がよさそうです!
おみくじは大半の人がひいている「恋みくじ」持ち歩いてご利益を常にそばにおいて。
お守りなら「鈴蘭守り」『心結び 縁結び 幸結び』の東京大神宮にお参りして、ステキな1年を過ごしましょ♪
東京大神宮の由来、拝礼マナーをチェックしてから初詣にいくとなおいいですね。

スポンサードリンク

コメント