年賀状喪中の親戚範囲は何親等まで?喪中はがきはどこまで送る?

nengamotyu お正月

あっという間年末年始に向けての準備に重い腰をあげなきゃならなくなってきましたね!
大掃除やお正月準備はまだいいんですが、いつもいつも早めに準備しなきゃと思うものの、なかなか準備にとりかかれずに結局いつもギリギリになって慌ててます。
その年賀状よりも急がなきゃないけないのが喪中はがき。これは早めに出さないとですよね~。
でも、喪中はがきって実は色々とマナーがあります。喪中はがきを出さなきゃならないというあなたへ喪中はがきのマナーをまとめてみました。

年賀状喪中の親戚範囲はどこまで?本来の喪中マナー

「年内に不幸があって・・・けど喪中はがきを送る範囲がわからない」なんてこと、ありません?
喪中ってめったにあることではないですし、いざというときに何をどこまでどうすればいいのか難しいですよね?
まずはそこから確認していきましょう。
そもそも喪中はがきがなんのために出すかということから。
喪中はがきは『年賀欠礼』を相手にお伝えするもの。
つまり自分が服喪期間であることを相手に伝え、年始のご挨拶を遠慮する旨を伝えるんです。

それではいつ出すのかということになります。喪中はがきは相手が年賀状の準備を始める前に相手に届くように送るのがマナーになります。だって相手が年賀状を準備し始めてから「ウチは年賀状いらないですよ~」とは言えないですよね?
ですので相手が年賀状を準備し始める頃、11月中旬以降から出せばいいでしょう。

通常年賀状の販売が11月の初め頃から始まりますので、その辺を目安に準備をします。
そして例年12月15日頃から年賀状の受付が始まります。
ですからその前には相手に届くように送ってください。

もちろん12月に入ってからご不幸がある場合もあります。
その場合や出すタイミングを逸していまた場合は、急いで喪中はがきを出すのではなく、年が明けて松の内(1月7日まで)が過ぎてから寒中見舞いとして出してもいいかもしれません。
あまりにギリギリに喪中はがきが届いても、相手が対応できないかもしれませんしね。

ちなみに喪中はがきには喪中であるために年始の挨拶ができないことを書きます。
その上で誰の喪に服しているのかを書き、新しい年に関する挨拶の言葉を入れます。
日頃からおつきあいが密な場合にはその感謝の気持ちを入れてもいいでしょう。最後に日付と名前を入れればOKです。

スポンサードリンク

さて、ではどこまでが喪中はがきを出す範囲になるのかということですが、まず基本的には故人との関係で決まります。
故人との関係が2親等以内であれば喪中はがきを出しましょう
これは血族・姻族を問わないと考えていいです。
つまり、配偶者(夫・妻)側でご不幸があっても2親等までと考えます。旦那様の血族ということになりますから、これは当然と言えば当然。

あとは、同居か別居かで分類します。
同居の家族や親族がお亡くなりになった場合には喪中はがきを出しましょう。
そしたらそれ以外は?ということになりますよね?
同居をしていない親族(義理兄弟姉妹や叔父叔母(伯父伯母)、いとこなど)は出さなくてもいいですが家々で違ったり、日頃からのおつきあいの問題などもありますので、ご家族で相談されるといいですね。

 

喪中になるのは何親等まで?

「そもそも喪中ってどこまでの親戚範囲になるの?」って思うかもしれません。
先ほども言ったように、一般的には喪中は2親等までと言われています。
ですので、配偶者(夫・妻)や両親、祖父母や子ども、孫までが含まれます。
別居の祖父母の場合は喪中はがきを出さなくてもいいというところもありますが、今では出しているところも多いようですので、家族と確認すれば間違いないですね。
ただし、もちろん3親等以降(曾祖父母やおじ・おばなど)は喪に服してはいけないということではありません。故人との関係が深ければ喪に服してもOKです。

 

喪中はがきはどこまで送る?

それでは喪中はがきは誰にどこまで送ればいいでしょう?喪中はがきは基本的には普段年賀状をやり取りしている方やおつきあいのある方に出しましょう。
ですので友人や上司や同僚などには出したほうがいいのは間違いないですね。また、こちらから年賀状を送っているだけの方にも出した方がいい場合が多いです。
それから故人がおつきあいのあった方も出した方がいいです。たとえばお葬式にご参列いただいた方や、故人が年賀状のやり取りをしていた方にはお知らせの意味をこめて喪中はがきを送ってください。
親族は喪中のことを知っているので特別出す必要はないですね。

・普段年賀状のやり取りがある方
・故人が年賀状のやり取りがある方
・故人のお付き合いのあった方
・お葬式に参列頂いた方

これが無難ですが家々で違いますので家族と相談で決めることが間違いないです。

 

まとめ

ご参考になったでしょうか?喪中はがきってなかなか出す機会が少ない分、わからないことも多いものです。
困ったときにはご家族に相談したり、お住いの地域の風習なんかを参考になさってくださいね。
そして準備は早めに、間違ってもメールなどで済ませないように気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

コメント