喪中ハガキ出したのに年賀状が!寒中見舞い必要?お供えのお返しは?

motyunanoni お正月

もうすぐ1年も終わってしまいますね~。なんだかあっという間に新しい年を迎えそうな気がしてしまいます・・・やることたくさんあるのに~(><)
そんなやることのひとつに年賀状があります。新年のご挨拶をするものですし、日本ならではの風習ですもの。大切にしたいところ。
でもこの年賀状にも様々なルールやマナーがあるんですよね~。そんなわかりにく~いルールやマナーについて、確認していきましょう。

喪中ハガキ出したのに年賀状が届いたら

年賀状に関するルールは様々にありますので、ここでは年賀欠礼についてピックアップしていきましょう。そう。喪中はがきです。
喪中はがきはその年に身内が亡くなった場合、喪に服していることを相手に伝えるとともに、年始のご挨拶を遠慮させていただくことを伝えるものです。

基本的には二親等以内の方が亡くなった場合が対象になるようですが、このへんは慣習なんかもあり、一概には言えませんので注意が必要でしょう。
そして喪中はがきは相手が年賀状を準備する前、11月中旬までには出したいもの。そうすれば相手は「喪中なんだな」と思って年賀状を出すのを控えるでしょう。

でも!中には喪中はがきを受け取っても年賀状を出す人もいます。喪中はがきを出したのに年賀状が届いたら「喪中はがき送ったのになんで?非常識じゃない?」って思ってしまうかもしれません。でもちょっとまって!喪中の方に年賀状を送るのって実は非常識でもなんでもないんです。
これは、重要なポイントになりますよ!相手が喪中であっても年賀状を送っていいんです!!

「なんで?」って思いますよね?そもそも年賀状は相手に対して年始のご挨拶をするものです。
そして喪中はがきはあくまでも年始のご挨拶を遠慮させていただくことを伝えるもの。
つまり、自分は年始の挨拶を遠慮したとしても、相手が年始のご挨拶をしてくるのを止めることはないんです。ですから中には相手が喪中だとわかってても年賀状を送る人だっているんです。だから非常識だと決めつけないで!

しかも、今では喪中はがきに『年賀状は送ってくださってけっこうです』というような文面を入れることもあり、喪中はがきの文例集にも載っています。
中には喪中であっても年賀状を受け取りたい人だっているんですね。
だって、毎年お正月にたくさん届く年賀状が1枚も届かなかったらさみしいですもんね。

スポンサードリンク

 

喪中ハガキ出した相手に寒中見舞いも送るべき?

一般的には自分が年賀状を出していない相手から年賀状をいただいた場合、松の内(1月7日頃)までなら年賀状を送り、それ以降なら寒中見舞いを送ったりしますよね?
では喪中はがきを送った相手から年賀状が届いた場合にはどうすればいいんでしょう?

様々な考え方もあるかもしれませんが、こちらがすでに喪中はがきを送っていてそれでも年賀状が届いた場合には改めて寒中見舞いを出す必要はないでしょう。
すでに年賀欠礼の旨は伝えているわけですし、喪中はがきの中には日頃の感謝などの言葉も入れているでしょうから、改めてご挨拶しなくても大丈夫です。

ただし、喪中はがきの中に日頃の感謝などの言葉を入れていない場合(まぁ、そんなことはほとんどないと思いますが・・・)には松の内が明けてからご挨拶状として送っておいてもいいかもしれません。
ただ、受け取る側のことを考えると「また?」と思われてしまうかもしれませんのでしつこくならないようにするのがベストです。

 

喪中はがきでお供え届いたらお返しは何が適切?

年賀状で相手の近況を知るなんてこと、よくありますよね?同じようにご不幸があったことを喪中はがきで初めて知るなんていうこともあります。
そうした時に人によってはご香典やお供え物などを送ってくださる方もいるかと思います。

もちろんこちらはそうしたものが欲しくて喪中はがきを送っているわけではないので、ご香典やお供え物などが届けば驚いてしまいますよね?
でもどのような経緯であっても相手からのお気持ちです。ありがたく頂戴しましょう。

さて、いただいたあとが肝心。まずご香典やお供え物などが送られてきたら電話で届いた旨とお礼を述べましょう。
そのあとは通常ご香典などをいただいた時と同じようにお礼状とともに香典返しを送ります。
香典返しの相場は一般的には『半返し』としているところが多いようですが、これも地域などによって異なると思いますのでお葬式に準じる形になっていればOKです。

 

まとめ

喪中なんてめったにあることじゃないですし(あってほしくはないですが)、わからないことも多いですよね~。
でもこうしたことがきちんとできるかどうかがキモになることも・・・しっかり押さえてマナーカンペキ!にしておきたいですよね♪

スポンサードリンク

コメント