お年玉は親戚どこまで?成人大学生は?マナーは何歳からいくら?

otosidamadokomade お正月

お正月って子どもにとってはうれしい&たのしい時期ですが、大人にとってはお財布的にあんまりうれしくない時期・・・そう。年末年始は色々と出費が重なってお財布がさみしくなりますよね。
親戚が多いとどこまであがる必要があるのか、そして0歳からあげるべきか、成人した大学生にもあげるべきか、悩みどころですが、家々によって違いこそありますが一般的な回答、多数派を調べてみました。

お年玉は親戚どこまであげる?

まずお年玉は誰にあげるのか?って話になりますね。まずお年玉をあげるのは自分の子どもや兄弟姉妹の子。
つまり甥・姪に渡すのが一般的。それから孫にも渡すのが一般的です。

もちろん、それ以外の親戚の子どもに渡す場合もあるでしょう。その場合には普段からのおつきあいがあるかどうかということによって変わってくるでしょう。
普段からおつきあいのある親戚の場合には、ちょっと遠縁であってもお年玉を渡す方が無難です。
それ以外の場合には絶対に渡さなければならないなんてことはありません。

でも、もし自分の子どもがお年玉をいただいたのだとしたら、その子どもにはお年玉を渡してくださいね。
それから親戚がお正月に顔を合わせる機会もあるかと思います。そうした場合にも自分の子どもがお年玉をいただく場合がありますので、渡すものと考えておいた方がいいと思います。

お年玉をあげる範囲は厳密に決められているわけではありません。でも、自分に近い関係にある子どもには渡すものととらえておいた方がいいでしょう。
また、自分の子どもがお年玉をもらっている場合にはお返しの意味でその相手の子どもにもお年玉をあげると考えておきましょう。

 

成人した大学生にお年玉あげるべき?

子どもや甥・姪にお年玉を渡すにしても、「いつまであげるの?」って感じしません?
私はまだ渡す相手が幼いのでしばらく渡さなければならないのですが・・・いつまで渡すのかで一番多い回答で高校生までです。ただ、大学生にも渡すという人も少なくはありません。
自分が「いつまでもらってたかな~」って考えてみてください。いつまでもらってました?

お年玉を渡す年齢にも決まりはありません。ですからあなたの気持ちや慣習次第ということになります。
一般的には高校生までが多いですが、たしかに高校を卒業すると就職する人もいますし、大学生ってもう大人だよな~って気もします。
感覚としては『学生』『未成年』あたりがひとつの目安になります。さすがに成人してからも・・・っていうのもちょっとな~って感じしますもんね。

でもここでも注意が必要。もし自分の子どもがその年までお年玉をもらっていたらお返しの意味で渡すという考えの人もいます。
大学生に対しては難しい気もしますが、たとえば成人のお祝いも兼ねて「これが最後ね」なんて感じで渡してもいいですね。成人のお祝いを渡しているんだったら特に渡さなくても非常識にはなりません。
いずれにしても、自分の親や兄弟姉妹(つまりお年玉をあげる側の人たち)と『いつから、いつまで渡すか』について取り決めができるのが理想です。悩むの面倒ですからね^^

スポンサードリンク

 

お年玉は何歳からいくらあげる?

私が子どもの頃はバブリーでしたので(笑)、1人当たりの金額は結構なものでした(←あの頃はよかった~  www)。でも今は親戚の数が少なくなってきたことや景気の問題などもあって、私が子どもの頃よりも完全に少ないです。
でもだからと言って少額なのもちょっと・・・っていうことになりますので、金額の相場についても知っておきましょう。

『何歳からあげるのか』って悩みますよね? 一般的には3歳くらいからが一番多いんです。幼稚園に入園するのがひとつの目安ってことになりますね。
でも、ここでも注意が必要!自分の子どもが0歳からもらっているんなら相手にもきちんと0歳から渡したほうがいいです。
もちろん赤ちゃん本人にあげても仕方がないので、親御さんに渡してください。

金額についてですが、0歳~3歳の子どもにあげるなら1,000円くらいでも大丈夫。
3歳~小学校にあがるまでなら2,000円くらいでいいでしょう。ちなみに私は4歳の甥っ子に西暦と同じ金額をすべて小銭で渡してます(笑)。子どもはお札よりも小銭の方が喜ぶんですよね~。なぜか。質より量なんでしょうかwww

小学生なら学年にもよりますが3,000円~5,000円です。低学年であれば3,000円、高学年で5,000円といった感じになります。
中学生で5,000円、高校生なら~1万円くらいです。。大学生も高校生に準じるという人も多いです。

実は、お年玉の金額を算出する計算式があるんです。それが『年齢÷2×1,000』というもの。
これでいくと8歳なら4,000円なのでだいたい相場くらいになりますね。これもひとつの目安にしてもいいかも。
お年玉も結婚式同様、忌み数字(4や9)などは好まれませんし、あまり細かい金額になるのもビミョーなので端数は切り捨てするなどしてもいいと思いますよ。

金額も気をつけたいのは自分の子どもがいくらもらっていたかということ。もちろん子どもの数などによっては不公平が生じることもありますので、自分の子どもがもらってきた金額などもベースに、一番いいのはこれもあげる側の大人たちの話し合いをすることです。
身内で取り決めをしておけばめんどうを避けることができますし、不公平感もなくなって円満にできるのではないでしょうか。
ちなみに、ワタシはお年玉を渡すときに包みや袋とメッセージにこだわっています。子どもが喜ぶのは金額じゃない(年齢にもよりますが)と信じてその子が喜ぶ包みやメッセージを添えることで+αの価値をつけるようにしているんです。

 

まとめ

いずれにしてもお年玉に明確なルールはありません。ですからあげる側の気持ちや慣習によるところも大きいものです。
身内同士のやり取りになるわけですから、あらかじめルールを決めておくことをオススメします。もしくは身内で最初の子どもにいくらあげたのか、いつからあげたのかなどに合わせるという家もよくあります。

いずれにせよ、渡す場合には自分の子どもがいくらもらっているのかがひとつの目安にもなるので、確認しておくことも必要です。たかがお年玉、されどお年玉。お金に関することは特に身内なら難しくなるものです。最悪のケースでは縁を切るとかそういうこじれにつながってしまうこともあります。身内だからこそ気を遣って(お金も使って)、しっかりしておきたいところですね~。
でも、あくまでもお年玉は子どもたちが喜ぶものであることを忘れないでくださいね♪

スポンサードリンク

コメント