年賀状を上司に送る時の気の利いた一言は?宛名の書き方と注意点

nengajousi お正月

毎年、年賀状の一言に悩みませんか?印刷だけで送ることもありますが、上司など会社関係に送る場合はありふれたものじゃなくて、ちょっと気の利いた一言や上司の宛名の書き方と注意点をまとめました。ということでビジネス相手に失礼のない、オリジナルプラスの年賀状の書き方について確認していきましょう。

年賀状を上司に送る時の気の利いた一言

そもそも年賀状ってどうしてます?市販のもの?印刷屋さんに注文?一番多いのはパソコンで作成してプリントアウトのパターンでしょうか。
パソコンで作る際にどうやって作ってます?きっと多いのはサイトや本などにあるイラストや文例を使うってことじゃないかなと思います。実際に私もそうしてますし。

そうすると多くの場合、

『明けましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
みなさまのご多幸を心よりお祈り申し上げます』

みたいな感じの言葉が入ってくると思います。これに干支のイラストなどが入れば年賀状としては完成ですが、気の利いた一言を入れるだけでオリジナルをプラスして相手の目に留まる年賀状ができるんですよね。

では何をどうプラスするか。まず大切なのは自筆を入れるということ。ココとっても重要!定型文はパソコンで作成してかまいません。
でも+αは必ず自筆で入れて。しかもその人に応じたものを。たった一言でいいんです。

『これはあなたのために作った年賀状ですよ』っていう思いが相手に伝わることが大切。

だから誰に対しても同じ言葉はパソコンでも、その人に応じたメッセージは自筆がいいんです。
そしたらどんな一言をプラスするか。これは送る相手によって変えてください。たとえば直接指導をしてくれた人になら『昨年ご指導をいただいたことを活かして今年も頑張っていきたいと思います』みたいな感じ。相手とのエピソードなんかをプラスすればいいんです。プライベートなことでもOK。

『今年も一緒に〇〇しましょう』とか、相手が上司であっても近しい関係であったり親密な関係であれば少しくらい砕けていても問題ないと思います。

ただし、たとえ近しい相手であっても礼儀作法やマナーに厳しい方なら砕けるのは控えた方がいいかも。
そういう場合やだいぶ上の立場にある方に対しては、

スポンサードリンク

『昨年の経験を活かして本年は〇〇をしていきたいと思います』
『まだまだ未熟者ではありますが、本年は〇〇という目標を定め、それを達成できるよう精進していきたいと思います』

のような感じで一言添えましょう。
こういった一言を添えることができれば他の人とはちょっと違う目に留まる年賀状を送ることができますよ。

上司へ年賀状を送る時の宛名の書き方

年賀状に一言添えることができたらあとは宛名と差出人を書いてポストに投函するだけ。
宛名も差出人ももちろん印刷でOKです。むしろ達筆すぎて読めないなんてことがないようにしなければなりません。ですのでここはきれいに印刷しましょう。

でもちょっと待って!宛名の書き方には注意をしましょう。宛名を書く際にはどこに送るのかということによって敬称や書き方が変わります。
ほとんどの場合、上司に年賀状を送る際には上司の自宅に送りますよね?その際には上司のフルネームに『様』をつければOK。自宅に送る際には肩書き(部長とか社長とか)はつけません。宛名は縦書きで書きましょう。それから名前は中央にくるように、一番大きな文字で書きます。
名字と名前、名前と『様』の間はそれぞれ1文字弱程度開けると読みやすくなります。

もし会社あてに年賀状を送る場合には会社名・部署名を名前の脇に小さ目に書きます。
あくまでも中心は名前であることをお忘れなく。そして、肩書き→名前→『様』の順番で書きます。肩書きは小さくてOKです。

〇 自宅に送る → 様をつける
〇 会社に送る → 会社名・部署名を名前の脇に小さ目に書く

上司への年賀状で気をつけるべき注意点

さて、最後に目上の方に年賀状を送る際に気を付けてほしい点をあげます。確認してくださいね。

1、必ず一言自筆で添える。
2、自筆で書く場合は黒か紺のペンを使う。筆ペンが理想ですが、万年筆やボールペンでもOK。
3、句読点は使わない
4、万が一間違えてしまった場合は修正ペンや修正テープ、取り消し線(二重線)などは使わず、もう一度書き直す。
5、『賀正・年賀・新春・迎春』などの2文字は使用せず、『謹んで』などの長文挨拶を使う。
6、『朽ちる・古い・乱れる・倒れる・去る』などの言葉は使用しない。
7、イラストはかわいすぎないものを使用する。
8、年賀状は12月25日までに投函し、1月1日に届くようにする。

まとめ

意外と年賀状にはマナーがあるもの。こうしたマナーをおさえて、オリジナルをプラスすることで他の人のとは一味違う年賀状を作るのもよし、マナーを無難にこなすのもよし、ですね。

スポンサードリンク

コメント