インフルエンザ症状は喉の痛みから?症状ないけどいつから高熱?

infurunodo インフルエンザ

インフルエンザの初期症状で喉の痛み、悪寒、頭痛、倦怠感、関節痛がでたら、どうしたらいいのか?仕事が忙しかったりで病院にいくタイミングを逃したりしていまうこともありますよね。
高熱が出る前に検査しても「陰性」だけど薬をもらってひどくなる前に治ることもあったり、もし高熱がでてしまっても48時間以内に薬を飲むと効果的であり、最短で治す方法がありますので、まとめてみました。
  

インフルエンザ症状は喉の痛みから?

インフルエンザにかかると初期症状としては喉の痛み、悪寒、頭痛から始まる人が多いです。最初は風邪と間違えやすかったりしますもんね。
喉の痛みや違和感がある時、インフルエンザの初期症状なのか、病院に行くべきか悩むところではないでしょうか?

仕事も忙しいしできれば病院に行きたくない・・・いつもそう思ってしまいます。
が、インフルエンザが流行っているときは少しの症状がでたら病院に行ったほうが後々のために楽です。

「インフルエンザ」は感染してしまうと、「倦怠感」や「関節痛」など身体の節々に症状が出てくるだけでなく、ひどくなると、気管支炎や肺炎になってしまうこともあるんです。

ただ、発症から24時間以内に薬を飲むことができれば、ひどくなる前に治ることもあるからなんです。
ですからインフルエンザの症状は特徴的で「倦怠感」や「関節痛」などですから、高熱が出るまえに病院で検査をしてもらって「治したいから薬がほしい」とお願いするとくれることもありますから早い段階で病院に行くのもありです。

インフルエンザ症状があまりないけど感染してるかわかる?

のどの痛み、悪寒、頭痛、倦怠感、関節痛など症状がほとんどなければ検査も「陰性」になることが多いです。

インフルエンザが発症して24時間以内ではウイルスの増殖がさほど多くなく検査結果に出にくいと言われています。
検査はウイルス量が一定量ないと「陽性」にはならないので、発症してから48時間くらいの時間が必要になるんですね。

スポンサードリンク

「陽性」と診断されるのは高熱が出て24時間後くらいですので、そこまで待つのもつらいですよね。

仕事も休まないといけないし、色々と普段の生活に支障をきたしますよね。
なのでできることなら、発症から24時間以内には病院で検査をしてもらって「陰性」だったとしても、薬をもらうこともできるので先生に相談するといいですよ。

インフルエンザ症状いつから高熱がでるのか?

症状がでてからだいたい、翌朝か夜中あたりに高熱が出ることが多いです。時間にすると24時間以内です。

喉の違和感があるからといってすぐに病院に行けるわけでもないので、結局、結果的に高熱がでてから病院に行くことが多いんですよね。
多少の違和感だと「まいっか」とか「治るかも」と思ってしまったり、忙しくしているときなんて特に見てみないふりしたり、私は良くしていました(´・ω・`)

インフルエンザの薬は発症後48時間以内に服用すれば効果があると言われています。
ですから、高熱がでてフラフラな状態では仕事もできませんし^^ 48時間以内に検査を受けて薬を服用できると一番いいですね。

まとめ

社会人になると、絶対に休めない日とかって結構ありますよね!「よりによって大事な日の前日に身体に違和感が・・・」とかインフルエンザが流行っている時期というのは本当に気を付けないといけないですね。
インフルエンザの検査は発症後24時間経過しないと「陽性」にはならないから意味がない、とか色々な意見がありますが、
どうにも休めない日というのにぶち当たった時は、ちょっとした違和感で検査をして「陰性」だったとしても先生に相談することによって薬をもらえたりしますから、大事な日にはとにかく病院というのも一つです。

一番良いタイミングは発症して48時間以内に検査して「陽性」になり、薬を服用すると数日で治るというのが一般的ですが、なかなかそうもいかない時もありますからね^^

スポンサードリンク

コメント