旦那の実家に年賀状出す?帰省する場合は?出すなら一言例と宛名

jikkanenga お正月

さてさて今年も年賀状が発売されましたね。結婚してるとお正月に旦那の実家にほとんどの方が帰省しますよね。帰省する場合、義理実家に年賀状を出すべきなのか?もし出すならどんな言葉を書くべきか、そして宛名はどうすればいいか、妻のとしての年賀状の疑問についてまとめてみました。

旦那の実家に年賀状必要?正月に帰省する場合

そもそも年賀状って書いてます?年賀状は年々減少傾向にあるんだとか。でも独身ならいざ知らず、結婚すると年賀状を送ることが多くなりますよね~。結婚のご挨拶をしてから年賀状のやりとりが続いているなんてこともありますし・・・そんな年賀状、実家&義実家にも出してますか?

もちろん同居している場合は出さないでしょうが、同居していないケースも増えている現代、実家&義実家に年賀状を出すor出さないってけっこう悩むところですよね~。ましてやお正月に帰省しますなんていう場合にはますます出したほうがいいのか出さなくてもいいのか悩みますよね~。

そもそも年賀状とは?ということなんですが、年賀状ってお年始の挨拶をするためのものなんです。新しい年を喜び、また今年もよろしくお願いしますということを書面でお伝えするものなんですね。だから基本的には元日に届くようにするのがマナーと言われています。また、本来であれば直接伺ってお年始の挨拶をするべきところ、遠方などの関係で直接伺えない方に書面でご挨拶をするためのものであったという説もあります。
いずれにしても新年を迎えたことを喜び、お年始の挨拶をするものが年賀状なんです。

ということはつまり、直接お年始の挨拶をする場合には年賀状を送らなくてもいいんです。ですから、年末年始に実家や義実家に帰省する場合には年賀状を送らなくてもマナー上は問題ないということになります。
でもこれはあくまでもマナー上。「今まで送っていたのに突然止めるなんて」「でもやっぱり礼儀として年賀状は送りたい」というのであれば、年賀状を送ってもなんの問題もないですよ。

 

旦那の実家へ年賀状出すときの無難な一言例

年末年始は実家&義実家に帰省するし、年賀状も出したいっていう場合、年賀状にどんな一言を添えますか?定型的な文句はもちろんですが、それにプラスして一言添えた年賀状を送りたいもの。
そんな時にたとえば久しく会っていない人なら『ご無沙汰していますがお元気ですか?』のように添えたり『今年はみんなで会いたいですね』などと添えてもいいかもしれません。でも実家&義実家なら?帰省しないなら『またあそびに行きますね』なんて言えるかもしれません。でも帰省するならそれもなんだかちょっとビミョーな感じがしませんか?
ましてや年末から年始にかけて帰省している場合には年賀状が届いた時にはすでにその場にいる・・・なんていうことも。ビミョーな空気になってしまうかもしれませんねwww

スポンサードリンク

そんな空気を防ぐためには、年賀状に添える一言を変えればいいんです!(←当たり前のことをエラソーに言ってみましたw)そしたらどんな一言を添えればいいのかということなんですが、こんな一言はいかがでしょう?
1、今年はおかあさんと一緒にガーデニングをやってみたいです。色々教えてくださいね。
2、今年はみんなでどこかに出かけたいなと考えています。どこがいいか相談させてくださいね。

おとうさんやおかあさんの趣味や特技にひっかけてみたり、一緒に出かけようというお誘いなどはおとうさんやおかあさんにとってはうれしいんじゃないかなと思います。もちろんそれを見た後にその話もできますしね。ただし、出かけましょうというような文句は本気でそう思っていたり、そういう計画を考えているときにしてくださいね。社交辞令的に書いてしまうと、相手にぬか喜びをさせてしまいかねません。
ヘタするとヨメとしてのポイントが急降下してしまうことも・・・これは趣味も同じ。まったく興味のないことに対して書いてしまうとあとあと後悔してしまうことにもつながりかねませんので注意してくださいね。

でも、そうやって書くことで年賀状を話題にすることもできます。なによりもそういう心づかいがうれしいということもあるので、帰省することなどではない話題を一言添えてみましょう。
ちなみにお子さんがいる場合にはお子さんに一言添えてもらってもいいかもしれません。絵を描いてみたり、言葉を書いてみたりしておじいちゃんやおばあちゃんにお子さんの成長をみてもらうのもアリですよ~。

 

旦那の実家へ年賀状出すとき宛名の書き方

さて、年賀状の準備はできました?あとは宛名を書いてポストイン!でもその前にちょっとまって。宛名ってどう書いてます?
実家や義実家に年賀状を送る場合には宛名は義理父のお名前でいいでしょう。『おとうさまおかあさま』というような書き方もなくはないですし、義理父と義理母の名前を連名で書くと良いすが、義理父の名前だけで問題ありません。たとえ兄弟と同居している場合でも義理父の名前であれば確実に義理父宛てになりますしね。

義理母の名前を書かないというのも同じ女性の立場としてなんとも悲しいです。無難に喜ばれるのは義理父、義理母の名前を連名にすることです。
『ご家族ご一同様』なんて表現もありますが、実家や義実家の時点で家族とみなすことができるわけですし、この表現はちょっと適切ではないかな。ここは確実に義理父の名前が書いてあればOKです。

 

まとめ

年賀状の準備って正直言ってちょっとめんどうですよね?でもめんどうと思ってしまうと作業が辛くなりますので(コレ、ワタシよくあることですが)、いろんな色のペンを使ってみたり、シールなんかを活用してみたりしながら楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

コメント