寒中見舞いを喪中の時いつ出す?正しい書き方とハガキ切手慶弔用NG

kantyumotyu お正月

年末も近づいてきました。年末年始の準備は進んでいますか?年末年始の準備といえば年賀状。年賀状で近況をお伝えすることも多いですよね~。引っ越しとか結婚とか出産とか・・・でもそんな年賀状も喪中であれば欠礼になってしまいます。そう。年賀状ではなく年賀欠礼状を出すんですよね。
そんな時に報告事項があればどうすればいいの?そもそも欠礼状を出せなかったけどどうすればいいの?って悩んでいません?そんなアナタに!年賀欠礼の際のご挨拶についてお教えしますね。

寒中見舞いを喪中の時いつ出す?

年末に喪中になってしまった場合などに、喪中をお知らせする年賀欠礼状が間に合わないことがあります。一般的に年賀欠礼状は相手が年賀状を準備する前、11月中には送っておきたいもの。でもご不幸があればそんなわけにもいかないこともありますよね。

喪中の時に年賀状が届いてしまった!・・・相手がこちらの喪中のことを知らなければ起こりうることですよね?ある意味当たり前というか・・・では届いたらどうすればいいんでしょう?
出していない方から年賀状が届いたらどうしますか?ワタシは慌てて年賀状を出します(笑)。でも喪中だとそれもNG・・・ということはどうすればいいのか・・・

そういうときは寒中見舞いを出してください。寒中見舞いを出せば喪中であることも伝えられますし、旧年のお礼やご挨拶をすることができます。
でも年賀状が届いたからってすぐには出さないで!寒中見舞いを出してもいい期間って決められているんです。

寒中見舞いは通常松の内(一般的には1月7日)を過ぎてから出すのがマナーとされています。ですから1月8日以降に出すということですね。寒中見舞いを出す期間はここから節分までと決められていますので、だいたい2月3日頃までに出しましょう。

でも、年賀状をいただいた方にお返しの意味で寒中見舞いを出すのであれば早めに出した方がいいです。1月8日にはポストに投函できるように準備をしておくといいじゃないでしょうか。

 

喪中で寒中見舞いの正しい書き方

それでは寒中見舞いに何を書くのかということになります。そこで喪中の時の基本的な寒中見舞いのポイントについてまとめてみました。

1.季節の挨拶
これは『寒中お見舞い申し上げます』といったような決まり文句がありますのでそれでOKです。
タイトルに当たる部分になりますので、少し大き目な文字(フォント)で入れるようにしてください。

2.相手の状況を尋ねる言葉
ここからが本文にあたります。季節の挨拶よりも少し小さめにしましょう。
相手の状況を尋ねる言葉にもある程度の決まり文句があります。たとえば『寒さ厳しい折、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか』『暖冬とはいえ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか』といったようなものがあります。

スポンサードリンク

3.自分の近況報告
ここで喪中の旨を伝えます。たとえば『○○の喪中のため、新年のご挨拶を差し控えさせていただきました』『○○の喪中のため、年頭のご挨拶を控えさせていただきました』などのような感じです。
そのあとに事前に喪中をお伝えしなかった旨をお詫びする言葉を入れるとmore better。たとえば『本来ならば旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、年を越してしまい大変失礼いたしました』のような感じでOKです。
最後に『今年もどうぞよろしくお願い申し上げます』といったような感じで結びます。

4.相手を気遣う言葉
最後に『まだまだ寒さが続きますが、お身体にはどうぞご自愛ください』『季節柄寒い日も続きますが、お風邪など召しませんようお元気でお過ごしください』といったような相手を気遣う言葉を入れます。

5.日付・名前
本文よりも下に入れればOKです。

ちなみに喪中の際の寒中見舞いは派手なものは避けましょう。切手やはがきなどはあくまでもシンプルに、イラストも派手すぎないものを選ぶようにしてください。喪中はお祝い事を控えるものです。お年玉切手シートみたいなのも使っちゃダメですよ。

 

寒中見舞いで結婚報告 喪中だけど写真付きOK?

さて、本来なら結婚報告は年賀状でしようと思っていたのにまさかの喪中・・・なんて状態になった場合、結婚報告はいつするのか悩むところですよね~。
結論から言えば喪中の際の結婚報告は寒中見舞いとは分けて出すことがBest。喪中なのでおめでたい話はできるだけ控えた方が無難です。

ですので、寒中見舞いで喪中であることを伝えるのであれば、結婚報告は改めて出した方がいいでしょう。相手との関係性にもよりますが、特にご年配の方などにご挨拶&報告をするのであれば分けた方がいいです。

もし、寒中見舞いに結婚報告を入れるのであればごくごく控えめに、『追伸』という形で入れてください。間違っても結婚報告がメインにならないようにすること!文面も『私事ではございますが、○月○日に結婚いたしました』くらいにしてください。もし付け足すなら『お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください』くらいでしょうか。

もちろんイラストや写真などもNG。ここだけ派手にしたりすることのないように、あくまでも「追伸」、つまり付け足しであることをお忘れなく。

 

まとめ

年賀状や寒中見舞い、喪中はがきなどは日本古来の風習だそうです。「なんとな~く今までやってきたけど、正しいマナーってどうなの?」ってこともたくさんあります。でも、こうしたことを知っておけばいざというときに困らない!ついでに困っている誰かに教えてあげることもできる!というわけで、知っておいてソンはありません。こうしたマメ知識を知っておいてマナーの達人になっちゃいましょ♪

スポンサードリンク

コメント