スポンサードリンク

せっかく結婚式に招待されたけど、イロイロモロモロの理由で欠席したい・・・そんなときってありますよね?結婚式を欠席する場合にも色々なマナーがあります。ここでは親戚であるいとこの結婚式の場合でみていきましょう。

いとこの結婚式を欠席するとき祝儀はいくら

いとこから結婚式の招待を受けたけど欠席したい・・・そんなこともあるかと思います。理由はきっと様々。仕事や家庭の都合、『普段からあんまり交流ないから行きたくない』なんてこともあるかも。でも、そもそも親戚の結婚式だし、欠席してもいいの?って思いませんか?大丈夫。
結婚式の参加はおじ・おばまでを基本とすることが多いようですので、いとこであれば欠席しても大きな問題にはならないかも。ただし、親戚づきあいがあると思いますので事前にご両親に相談してくださいね。

さて、欠席する場合にご祝儀はどうすればいいんでしょう?コレ、実は正解がないんですよね~(´・ω・`) なぜかというと親戚づきあいはそれぞれ違うから。ですからここでは『一般的に』という大前提でお話しさせていただきます。
まず、どのタイミングで欠席の意向を伝えるかということによってご祝儀が変わるということをおさえてください。

きっと一般的には招待状を送る前に連絡があって、その時に出席できるかどうかを聞かれると思います。OKの場合のみ、招待状を送るんですね。ですので、一番いいのはこの招待状を送るかどうかの確認の連絡の際に出席を辞退させていただくこと。これが本来のマナーでもあるそうです。この時点であれば正式には招待されていないのでご祝儀は送らないなんて人も多いです。

でも中には招待状が届いた後に欠席する場合もありますよね?本来なら招待状が届いた後での欠席はよほどの事情がない限りはマナー違反だと言われています。この場合には招待していただいたのに欠席をするというお詫びの意味も込めてご祝儀をお包みすることが多いです。でも金額は相場よりも低くてOK。だいたい半分~1/3程度でOKとされることが多いので、1万円程度で問題ありません。

出席するつもりでいたのに、結婚式間際になって欠席する場合には相場通りの金額をお包みすることをオススメします。新郎新婦も準備を進めている時の欠席ですので、ここはたとえどのような理由であっても相場通りがあとあと問題になりにくいでしょう。

スポンサードリンク

 

いとこの結婚式を欠席。祝儀は仲良くない場合いくら

さて、いとこの結婚式を欠席したい理由が『そんなに普段から付き合いないし、特に仲良くもないから』なんてこともあるかもしれません。その場合、「なんで呼ばれたの?」ってギモンに思うかもしれませんね。結婚は家同士のおつきあい。もしかしたら相手の親戚づきあいが多く、頭数を合わせるために招待されたのかもしれません(そうは思いたくないですが)。もしくは他のいとこたちがみんなそうしているから流れで・・・なんてこともあるかも。

でも、どのような理由であっても欠席することには変わりがありません。ですのでここはオトナの振る舞いを見せつけてやりましょう(笑)。
つまり、ご祝儀を上で述べたような金額お包みするんです。腹の底では「イヤだな~」と思っても、ここでオトナを見せつけておくことであとあと自分にプラスになって返ってくるかもしれませんので、未来への投資だと思って勢いよくお包みしてしまいしょう( *´艸`)
もしご祝儀に抵抗があるのであれば、結婚祝いということで何かをプレゼントしてもいいかと思います。でもここでもあまりケチらずにプレゼントした方がいいと思いますよ♪

 

結婚式を欠席するとき祝儀の渡し方マナー

さて、では結婚式を欠席する際にご祝儀はどうやって渡せばいいんでしょう?
遠方である場合などは現金書留でもOK。でも必ずのし袋に入れて、ひと言お詫びとお祝いのメッセージも添えて送ってくださいね。
届けにいけるのなら直接お渡しするといいかもしれません。その場合にはあらかじめ相手の都合を確かめたうえで、できれば大安を選ぶとmore better。その際にももちろんきちんとのし袋に入れて渡してくださいね。
もうひとつ、ご両親に預けるというテもあるかとは思いますが、これはギリギリで欠席する場合の方がいいかと思います。早い段階で欠席することがわかっているのであれば、やはり現金書留や直接手渡しの方がいいでしょう。

 

まとめ

いかがですか?親戚づきあいはなにかと大変なもの。相手の気分を損ねるとあとからネチネチ・・・なんてことにもつながりかねません(´・ω・`)
あらかじめご両親と相談しておくといいかもしれませんね。

スポンサードリンク