入園準備で洋服の人気の名前付け、上履き、靴、靴下など

nyuenname 入学式・卒業式

春からお子さんがいよいよ保育園に入園・・・色々準備しなくちゃならないこともありますよね~。ギリギリだと発狂すること間違いなしです!(経験談)
ギリギリになって発狂することがないよう、できるところから少しずつやっていければいいかな~と思います。
でも・・・実際には何をどうやって準備したらいいのかわからない!やることありすぎて効率的にできる何かないかなぁ?なんて思うことも多いんです。
そこでここでは入園準備に欠かせない名前つけについて、ぜひ準備前にチェックしてほしいアレコレをまとめてみました。

入園準備で洋服の名前付け

入園準備で欠かせないのが名前つけ。子どもが保育園に持っていくものすべてに記名をしなければなりません。が!・・・これが結構疲れるんですよ~。だってすべてですよ!すべて(;´∀`)
特にやっかいなのが洋服です。ということでまずはここから攻略しちゃいましょ。

洋服の名前つけってけっこう気を遣いますよね。目立つところにはつけたくないし、わかりにくいところにつけると「つけなおしを」なんて言われてしまうこともあります。
だからといって直に洋服には書きたくないし・・・

そこで便利なのがアイロンプリント。これなら洋服一枚ずつに名前を書く手間が省けます。なんていったってパソコンでまとめて作れるから。
しかもアイロンでつけることができるので直書きする必要もありません。縫い付けだと子どもの肌にあたるとかゆくなってしまうこともあるかもしれませんがそんな心配もナシ!
ですのでけっこうヘビロテしてました。我が家では( *´艸`)

それからもうひとつ便利なものがスタンプです。実は洋服などに押しても消えないスタンプがあるんです。
ですのでネットなんかであらかじめお名前スタンプを作っておけば、あとは専用のスタンプ台にポンポンしてポン!で終わり!
お洗濯しても落ちにくいので安心です。

子ども用の洋服って名前を書くところがついていたりしますよね?そういうところがついているのであれば、スタンプポン!でOKなんです。

洋服の名前つけのポイントは『何を使って名前を書くか』ではなく、『いかにわかりやすいところに名前を書くか』です。

なぜかというと・・・なんで色々なものに名前をつけるのかってそもそもの目的になるんです。

名前つけの目的はすぐに誰のかわかるようにすること。保育園には多くの子どもたちが一緒に生活しています。着替えなども一斉にすることが多いんです。
そんな時、洋服がたくさんあったらお片付けするときにすぐに誰のかわからなくなっちゃいます。

先生方は時間のない中で誰のか見分けなくてはなりません。だからすぐに目に付くところに名前を書いてほしいんです。
わかりにくいところに書いてある名前や小さく書かれた名前はせっかく書いてあってもその意味が半減しちゃうんですよ~。
ということで保育園の先生方が考える、洋服別の名前を付けてほしいポイントについて。

1.下着類
下着は多少目立つところに名前があっても気になりません。ということで目に付くところを意識しましょう。たとえばパンツならウエスト部分、シャツなら裾部分についていればOKです。

スポンサードリンク

2.Tシャツ・トレーナー・シャツなどの上着類
上着などは目立つところに名前をつけるのにちょっと抵抗がありませんか?
上着類には内側や襟の部分に名前を書く部分がついていることもあります。ですのでそこに名前をつければOK。ついていないものであれば、襟部分についているタグや裾の内側につけるとわかりやすいと思います。

3.パンツ・スカートなど
パンツやスカートなどの履くものはウエスト近辺に名前をつけるとわかりやすいです。とはいってもゴムのウエストだとつけづらいと思います。
そういう時はゴムが入っていない部分やポケットの部分につければOK。もちろんこちらも内側につけてくださいね。

入園準備で上履きの名前書き

洋服類の名前つけができたらその他のものにも名前をつけましょう。たとえば上履き。
これは園で指定の上履きがあるところもあります。そうするとみ~んなおんなじになってしまいます(*^_^*)

おんなじだと子どもが自分の上履きがわからなくなってしまいますので、子どもがわかりやすいところに名前をつけるようにしましょう。
たとえば甲の部分やバレーシューズならゴムの部分ならOKです。かかとだと子どもの目につきにくいので、上履きは目立つところに書くのがBetterです。

上履きに名前をつけるときに気をつけたいのが文字の大きさとマーク。靴はアイロンプリントができないことが多いです。
スタンプであればOKですが、名前の文字が見づらいことがあります。

上履きは子ども自身が自分のものだとわかるようにしたいので、大きめに名前を書いてください。
その時に子どもの好きなもののイラストやアップリケなどをつけるとMore Better。

文字が読めなくてもマークで自分のものだとわかるようになります。さらに自分だけの上履きにすることもできます♪
よくばるなら上履きをそろえた時に内側に来る部分にマークをつけてください。「マークがくっつくように履いてね」と言えば、左右の履き間違いを防ぐこともできますよ♪

入園準備で靴、靴下の名前書き

最後は通園で履く靴や靴下。これはけっこう脱ぐことも多いのでしっかりと名前をつけなければなりませんよ~。
靴はお休みの日などにも履きますので、上履きと違ってあまり目立ちすぎるのはイヤですよね?

ですので靴は内側に名前を書くのはいかがでしょうか。上履きと同様、アイロンプリントが難しく、素材的にスタンプも難しいことがあります。ということは手書き・・・であれば靴の内側に書けばそんなに目立たず、しかもわかりやすいと思います。

こちらも上履きと同様、左右を間違えて履かないような位置に名前を書くとよいでしょう。
それから靴下。これも脱ぐ機会が多いです。子ども用の靴下には名前を書く部分がついているものも多いです。

どこかというと土踏まず。ですので名前を書く部分がついていなくても土踏まずの部分に名前を書けばOKです。
靴下も伸び縮みするものなのでアイロンプリントは難しいかもしれません(伸縮性のアイロンプリントなら別ですが・・・)。ということは・・・靴下も手書きをオススメします( ;∀;)

まとめ

入園準備はなかなか大変です。中でも名前つけはず~っと続くものでもあります。
でも、ここをしっかりしておけばものが誰かのバッグの中に旅行に行っちゃったり(笑)、なくなったりすることを防ぐことができます。

また子ども自身も自分のものを見分けやすくなります。お母さんの苦労が子どもの笑顔につながる!と信じてみてください。そうするとちょっとはがんばれるかもしれませんよ~( *´艸`)

スポンサードリンク

コメント