節分の柊鰯いつからいつまで飾って良いの?飾り方と処分のやり方

hiiragiiwasi 節分

『節分』と言ったら何を思い浮かべますか?節分と言えば豆まきや恵方巻のほかにも『いわし』がありますよね! ここでは節分には欠かせない『柊鰯』の飾り方と片付け方、そしていつからいつまで飾ればいいのかについてまとめてみました。

節分の柊鰯、いつからいつまで飾って良いの?

節分にいわしが欠かせないって知ってますか?「節分にいわしは聞いたことあるけどどう使うのかわからない」ってこともあるんじゃないかなと思います。 まずは節分といわしの関係から。

節分のときにいわしを食べたり飾ったりする風習があります。いわしには『魔除け』の意味があります。いわしって独特のにおいがあります。そうしたことから『陰の気を消してしまう』という意味があるんです。食べるときには焼いて食べるといいですよ~。

いわしを飾るのも魔除けの意味があります。焼いたいわしの頭と柊の小枝を飾るもので、『柊鰯(ひいらぎいわし)』と呼ばれます。

地域によっては『節分鰯』や『焼嗅(やいかがし)』などとも呼ばれているそうです。これはにおいのあるいわしと尖っている柊を玄関先や軒先に飾ることで『鬼の侵入を防ぐ』という意味があるんですよ。
実際にはこ~んなカンジ↓

hiiragiiwasi

さて、柊鰯に興味を持ったから飾りたいと思ったアナタ、柊鰯を飾ってもいい期間が実は決まっているんです。
それは節分の当日。つまり立春の前日です。多くの場合は2月3日頃になることが多いですよね。飾りものなんかによっては当日に飾る『一夜飾り』は縁起が良くないと言われます。

お正月の飾りなんかが代表的ですよね。でも柊鰯は当日飾ってOKなんです。
ただし、地域によってはこの限りではないこともあるようです。地域にもよりますが、1月16日の小正月の翌日に飾るところもあるみたいですね。

 

節分で柊鰯の飾り方

それでは実際に柊鰯を飾ってみましょう。
まずは柊鰯をつくらなきゃいけません。

スポンサードリンク
<柊鰯の作り方>
まずはいわしの頭を準備します。これはいわしを1尾買ってくればOK。買ってきたらまずはいわしを焼きます。でも必要なのは頭の部分だけなので、それ以外の部分は食べちゃいましょ♪
いわしの頭が準備できたらお花屋さんなどから調達した柊を用意します。
そしたらいわしの頭に柊の枝を指せばOK。いわしのエラから目に向けて思い切って一気に刺すと刺しやすいでしょう。
ただし、刺し方にはきまりはありません(地域によっての風習はあるかもしれませんが)。ですので柊にいわしが固定できればどのような刺し方であってもOKです。

今では柊鰯のセットが売っています。ですからそれを買ってくればカンタンに柊鰯を飾ることができます。
でも!できれば自分で準備をしてほしいところです。なぜなら・・・柊鰯の準備にも魔除けの効果を発揮するコトがあるんです。
それはなにかというと・・・いわしの頭を焼くこと。いわしを焼いたときに出る煙にも魔除けの効果があるんです。においのあるいわしの頭と煙、尖っている柊は鬼の侵入を防ぐカンペキアイテムなんです!

<柊鰯の飾り方>  柊鰯ができたら玄関先や軒先に飾りましょう。鬼の侵入を防ぐためには外に飾るのが一番ですが、最近は家の中に飾るご家庭もあるみたいですね。  飾り方には様々なものがあります。たとえば瓶にさしてもOKですし、柱や扉などに括りつけたりひもなどで吊るしてもOKです。  貼りつけるわけではないので、柊といわしがしっかりと固定されていることが重要になります。

 

柊鰯はどうやって処分する?

最後は飾り終わった柊鰯について。柊鰯は魔除けなので飾った後もしっかり処分をすることが必要なんです。
まず、柊鰯をいつまで飾るのかということ。これも地域によって様々な風習があるようですが、一般的には節分の翌日まで。つまり立春には外してしまってOKです。そのほかには『2月いっぱい』とか『1年間』なんていう場合もあるみたいです。

飾り終わった柊鰯はお札なんかと同じように片づけます。ですので一番いいのは神社におさめること。でもそれもなかなか難しいことがありますよね?そんな場合には埋めてもOKです。

ただし地域によっては(雪なんかで)それも難しいことがあるかもしれません。そんなときには紙で包んでお塩でお清めしてから処分してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?節分といわしのふか~い関係についてわかりました?
節分は地域ごとの風習が大きく異なってきます。お住まいの地域の風習をチェックして、それに応じてみるのもいいかもしれませんね。
今年は『豆まき』・『恵方巻』・『柊鰯』をコンプリートしてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

コメント