大学生だけお得なクレジットカードおすすめ3選と初めて持つ注意点

gakuseicard 知らないと損

大学生になればクレジットカードが持てるようになります。そこではじめてのクレジットカードで失敗しないように賢い選び方とおすすめをまとめてみました。
クレジットカードはポイントがたまるとキャッシュバックがあったり、保険がついてきたりと賢く使えば、便利でお得なことがいっぱいです!
ですがその反面注意しなければならないこともありますので、メリットデメリットを知ったうえで賢く得しましょう

 

大学生だけお得なクレジットカードおすすめ3選

クレジットカードはネットから簡単に申請することができますので早いところでは即日完了してカードを郵送してくれます。
だんだんとこういう手続きも簡単になってきましたので面倒なことがあまりなくなってきたのは嬉しいですね。
では学生向けに使える人気の3つはこちらです。

・あなたにぴったりのクレジットカードは?

これなら良く使いそうだなーというのがたくさんあればあなたが持つとお得になるおすすめカードです。

三井住友VISAデビュープラスカード

できることやお得がいっぱいありますので、ちょっと調べただけでもこんなにありますから隅々まで調べればまだまだあります^^
デメリット
・海外旅行損害保険が付帯していない
・25歳以下しか使えないという年齢制限

メリット
・年会費は初年度無料(次年度1度でも使えば無料)
・通常の2倍のポイントの1%がもらえる
クレカは通常0.5%なので1%というのは相当の高還元率なのです。
・ポイントがたまりやすい(ETC、電子マネーなど追加カード色々)
・nanacoを発行(チャージするとポイントたまる)
・WAONも発行(200円ごとに1ポイント)
・ETCカード発行
・ぐるなびの限定クーポンが使える
・更新時にゴールドカードにグレードアップ
・「Apple Pay」でスイカチャージできる
・USJの1日パスポートが10%OFFなど
>>25才以下限定カードの詳細はこちら

※26才以上は三井住友VISAカード

 

楽天カード

デメリット
・ETCカード年会費有料(500円+税)
・明細書の郵送が有料(ネットは無料)
・旅行代金決済したときのみ海外旅行傷害保険適応

メリット
・ずっと年会費無料
・楽天市場でポイント4倍
・楽天Edy、ポイントカード一体で便利
・ほぼいつでも5,000~8,000円のポイントプレゼントあり
今月の楽天ポイントプレゼント詳細はこちら

 

エポスカード
・年会費 永久無料
・マルコとマルオの7日間は10%引き。(通販OK)
・全国約5,000店舗ほどで、優待を受けれます
・シダックス、ビッグエコー室料30%引き
・魚民、白木屋、笑笑、ロイヤルホストなど10%引きなど
・楽天Edyを発行(チャージするとポイントたまる)
・モバイルSuicaを発行(チャージするとポイントたまる)
・マルコとマルオの7日間は10%引き(通販OK)

スポンサードリンク

 

大学生でクレジットカードを初めて持つあなたへ

・今更だけど基礎知識から

クレジットカードのことはもうある程度知ってるよーと言われそうですが、使い方を間違えると大変な損失になるのでおさらいからしていきますね。
学生向けクレジットカードとは、その名前通り学生用に作られたクレジットカードシステムです。
ですから学生しかつくれません。
学生とはいっても大学生に限らず、専門学校、短大、大学院なども含まれます。(高校生はNG)

・なぜ収入がない学生が持てる?

それは仮にカード支払い代金を払えなかったとしても、両親が代わりに払ってくれるであろうという考えがあるからです。
大学生であれば大学に入れるだけの収入がある、支払い能力もあると考えらえているからなのです。
でも最近では奨学金で大学に入り、アルバイトを頑張ってる学生も多いですからね、その辺は何とも言えないと思いますが。。

・審査に通る?

学生向けクレジットカードと言っているのですから、審査は通りやすいです。なにせ、一番重要な収入に関して問われませんから。
特に20才以上であれば親の同意も必要ないので自分だけの判断で作ることが可能です。
ただ、未成年、親の同意なし、では審査が通らないですよ。

・大学クレジットカードもある

この学生クレジットカードにも色々と種類があって、在学中の年間費が無料、高いキャッシュバック率、国内海外旅行保険がついてる、マイルがたまりやすい、ポイントが通常の2倍になるなど盛りだくさんなのです。
社会人から見たらうらやましい限りのお得三昧なわけなですよm(_ _)m

しかし!!
収入のある人だけが持つことができるのがクレジットカードなわけなんです。
つまり収入がない、またはアルバイト収入の大学生などは本来持つことができないのですが、大学生などは特例としてクレジットカードを発行されているのです。

それに大学とクレジット会社が提携していて「明治大学カード」「早稲田大学カード」「京都大学カード」「慶應カード」などたくさんあります。
あなたの在学中の大学がクレジット会社と提携していればそちらで入会するのもひとつですね。

メリットとしては、年会費無料、限度額が低い、
デメリットは卒業後は年会費がかかる、還元率などポイントは0.5%(通常カードの半分以下)

 

クレジットカードを大学生で持つなら注意すべきこと

クレジットカードは大学生になるとすぐにを作れます。きっかけは色々ありますが、「カード作ると買い物時は10%OFFですよー」とかよく声かけられるとこが多くなります。
安易に作ってしまうと、年間費がかかってしまったりと余計なお金がかかることもありますから、カードを作るときは慎重に、いくらかかるのか?どんな特典があるのか?を把握したうえで作ることは必須だと思ってください。
そして、

・毎月の支払に遅れないこと
引き落とし口座には余裕をもってお金を入れておくと安心ですね。

・リボ払いはしないこと
簡単に言うと分割払いですが、手数料がサラ金並みです。私の友達はリボ払いを払い続けてもなかなか減らないと悩んでました。消費者金融で借金するのとそんなに変わらないことなのです。

・作りすぎないこと
クレジットカードは実は一人で何枚も作ることができちゃいます。審査さえ通れば10枚でも20枚でも・・・でも管理ができなくなり大変なことになりますので、学生のうちはクレジットカードの実践勉強ということで多くても2~3枚にして練習がてら使うのがいいかも。社会人になったら本番ってことで^^

 

まとめ

クレジットカードはうまく利用すればとにかくお得で便利なわけなので、大学生のうちに使い慣れておくというのもいいですね。
特に一人暮らしをしているのであれば、家賃、ケータイ代、電気代、水道代、ガス代、保険、など毎月必ず必要な費用をカード払いにすれば、知らず知らずのうちにポイントがたまっていくわけです。
それでも毎月ちゃんと支払い額は把握したほうがいいですけどね。

 

 

スポンサードリンク

コメント