チョコ転写シートは100均で買える!クッキーにも使える色んな使い方

tensyatyoko バレンタイン

バレンタインは女の子(大人の女性も含めて♪)には重要なイベントですよね~。大好きなカレに渡したり友チョコを交換したり・・・
そんな重大イベント、手作り率も高いんじゃないでしょうか?そこでそんな手作り派のアナタのために!簡単なのに本格派に見える転写シートとそのやり方についてまとめてみました♪

チョコ転写シートは100均で買える!

手作り派のアナタ!どんなチョコにするか決めました?トリュフや生チョコ、ガトーショコラなんかがチョイスされることが多いかもしれませんね。
「でもぶきっちょだし、お菓子作りしたことないし、そんな難しいの作れない・・・」なんて不安な顔しないで!ぶきっちょさんでも、初心者さんでも簡単に、しかもプロみたいなかわいいチョコが作れるアイテムが転写シートなんですね。
転写シートとはチョコレートに貼りつけてはがすだけでOKなチョー簡単アイテムです。実際にはこんなカンジになります

この転写シート、今ではたくさんのかわいいものがあります。しかも転写シートはお手軽にGetすることができるんです。
転写シートをお手軽にGetすることができる理由、それは・・・100均でもいろんな種類が売ってるんですよね♪

アナタのおうちの近くにもあるダイソーなんかの100均ショップでも色々なシートが売ってます。こうしたチョコレートは1粒だけ渡すってことはあまりありません。
ということはたくさん作る必要があります。しかも何種類もかわいいのを作って箱に入れて渡したりしたら・・・もうお店のチョみたいですよね♪

そうなると何種類ものシートが何枚も必要になります。そんなときに100均で色々何枚も買えればそれにこしたことはありません。
しかもダイソーではシートだけではなく、『転写モールド』なるものも販売されてます。これは転写シートがあらかじめくっついているチョコ型なんです!だからチョコを溶かすだけでカンタンに転写できちゃいます( *´艸`) 100均以外にも楽天通販ではたくさんの模様が売ってるので選びきれません(^^)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコレート 転写シート リーニュ 1枚
価格:522円(税込、送料別) (2016/12/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコレート 転写シート マドモワゼル 1枚
価格:558円(税込、送料別) (2016/12/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコレート 転写シート クールルージュ 1枚
価格:425円(税込、送料別) (2016/12/13時点)

高級志向の方には専門店などでも色々なシートがありますが、友チョコなんかでたくさん作らなきゃっていう場合にはぜひ100均ショップをのぞいてみてはいかがでしょう?
ちなみにダイソーにはチョコ用の転写シートがたくさんありますが、現段階ではセリアでは取り扱いがないようです(少なくとも私が知る限り)。でももしかしたらこれから取り扱いが始まるかもしれませんね~。

 

転写シートはクッキーにも使える

実はこの転写シート、アイディア次第で色々な使い道があるんです!
たとえばクッキー。クッキーにほんのひと手間加えるだけであっという間にプリントクッキーのできあがり♪
プリントクッキーはクッキングシートにチョコペンなどで絵を描いてそれを焼く前のクッキー生地に転写させるというやり方が多いんですけど、コレだと失敗してしまう可能性も高い・・・ぶきっちょさんやお菓子作り初心者さんにはちょっとハードルが高いかもしれません。でも転写シートを使えばそんなアナタでも簡単にプリントクッキーを作ることができるんです!

やり方はカンタン。
まずはクッキーを焼きます。もしくは市販のクッキーでもOKですが、できるだけ表面がなめらかな(デコボコしてない)クッキーがオススメです。
クッキーを準備したらプリントしたい部分にテ溶かしたチョコを塗ります。そしたら転写シートをチョコの上に貼りつけるだけ。これでチョコが固まったらできあがりです。
ねっ?カンタンでしょ?これを応用すればクッキーだけじゃなくて色々なものに転写できるかもしれませんね( *´艸`)

 

チョコ転写シートの使い方

それではお待ちかね(待ってないとは言わせませんwww)、転写シートの使い方をご説明しますね。

1.転写シートを切り取る
転写シートを作りたいチョコよりも一回りくらい大きく切ります。

2.チョコをテンパリングする
『テンパリング』とは一度溶かしたチョコを再び固めるときに必要な作業です。これがしっかりできるとツヤのあるキレイなチョコができます。でもここを失敗するとチョコが固まらなかったりしますので注意しながらやってみてくださいね。
まずはチョコを細かく砕き、乾いたボウルの中に入れます。このときボウルに水分や油分がついている、ときれいに溶けなかったり固まらなかったりしてしまいます。そうならないようにボウルはしっかり洗ってしっかり乾燥させてから使いましょう。
チョコが入っているボウルよりも一回り大きなボウルに50℃くらいのお湯を張ります。その中にチョコの入ったボウルを入れ、チョコを溶かします。これを『湯せん』といいます。チョコの中にお湯が入らないように気をつけてください。
チョコが完全に溶けたら一度温度を測ってみましょう。40℃~45℃くらいならOK。そのあと一度冷やして(27℃くらいまで)、さらに湯せんして30℃くらいにするときれいなテンパリングのできあがりです。

3.チョコを型に流し込み、シートを貼りつける
テンパリングしたチョコを型に流し込みます。ドロドロの状態では転写シートはくっつきませんので、少し固めてください。でも完全に固まってしまっても転写シートはくっつきませんので要注意!
チョコが固まりかけてきたら表面に転写シートを貼りつけます。プリント面(チョコにつける方)を確認してから貼りつけてください。このときにプリント面に触ってしまうと指に転写されちゃいますので気をつけてくださいね。シートをチョコにつけたらぴったりと空気が入らないようにくっつけてください。
そのまましっかり固まるまでじっと待ちます。転写シートに触らないで!
固まったらそ~っとゆっくり慎重にシートをはがせばOKです♪

同じ模様をたくさん作りたいときには転写シートのプリント面を上にして置き、その上にチョコをしぼり出してもOK。もしくは大きな型にチョコを流し込み、その上にシートを切らずに乗っけても大丈夫です。この場合は固まってから取り出し、ナイフで切っちゃえばOKです。

 

まとめ

ねっ?カンタンでしょ?今年のバレンタインはぜひぜひ転写シートを活用してチョコを手作りしてみてくださいね♪
本命チョコにしても、友チョコにしても成功して相手が喜んでくれることをお祈りしています(*^^*)

スポンサードリンク

コメント