風邪で鼻水止まらないし喉に流れるし眠れないときの簡単な対処法

hanamizu 風邪

風邪をひくと鼻水が垂れ流しって状態になることも多いですよね。さらっさらな透明な鼻水であれば無意識に鼻から落ちてくることもありますし、横になっていればそれが鼻からではなく喉に流れていく・・・(*_*)そんな鼻水の対処の仕方を簡単にまとめてみました。

風邪で鼻水止まらない

まずは、風邪をひいていない状態での人間の鼻水がどれくらいでているか知ってますか?
すごく意外なんですが通常時でも1日に約1リットルもでていると言われています。

すごい量ですよね、信じられないのですが、
鼻水にも役割がちゃんとあって、鼻で呼吸するときに加湿してくれますし、ウイルスや花粉を体外へ排出を促してくれます。

鼻水が止まらないときってまだまだ風のひき始めと言われていますが、無色透明でさらさらとして水みたいな鼻水のとき、まだまだ風邪の真っただ中で、ウイルスを排出するために身体が戦っているとも言えるのです。

私もつい昨日まで風邪で倒れていて1週間も寝込んでしまいました。その間、やっぱり鼻水には悩まされてなかなか眠れませんでした。熱や悪寒、頭痛などの風邪症状ももちろんつらいけど、鼻水は眠れないのでそれが一番つらいんですよね。

 

風邪で鼻水が喉に流れる対処法

鼻水で眠れないのは、やっぱり鼻水が喉に流れるからなんですよね。
上向きで寝るならなおさら、喉に流れ放題です”(-“”-)” だからと言ってそのまま大量の鼻水を喉へ通すわけにもいかず、毎回吐き出して対処していました。

そんなことしていたら、全然眠れないし、吐き出すことが面倒になり辛くなっていきます。
横を向けば少しばかりは大丈夫かなと思いきや鼻から垂れ放題です。。

眠らない状態であれば何度も口や鼻から排出すればOKですが、鼻をかみ過ぎると鼻下が痛くなってヒリヒリするし、でも拭かないわけにはいかないじゃないですか。。

喉に流れそうな状態の鼻水を口から排出するもいいですが、結構面倒です、ディッシュを使うなら1日で1箱なくなります(*_*)

そんなこんなで見つけたのが「鼻せん」です。

スポンサードリンク

ティッシュで鼻せんをするのですが、数時間でティッシュがしっとり湿っぽくなりますので、そしたら交換します。
その繰り返しが鼻にとっても、皮膚にとっても優しいですし、なんといっても楽ちんです。

そのほかにも、こちらなんかも併用してもいいと思います。
私の場合は、風邪で頭も痛くて(寝すぎもあるかも)辛すぎて色々とする気力もないからとにかく鼻せんだけで乗り切りました(T_T)

1、ツボを押す

2、鼻うがい
ユーチューブにもたくさありましたが、どれもこれも微妙な画だったのであえて載せるのはやめましたm(__)m
鼻うがい専用機器も売ってますのでそういうのでやったほうが安全だし、やりやすいです。

 

風邪の鼻水が止まらず眠れない

私もつい3日くらい前まで鼻水が止まらず眠れませんでした。
そのまま放置すると喉に流れていくので飲み込むしかないですもんね。

でも私はぜったいに飲み込みたくないので、ビニール袋を用意して口に溜まったらすぐ吐き出してを繰り返していました。
だから寝付けなかったんです。

でもね、それは上向きで寝ていたから余計に喉に流れやすいですよね。
横向きで寝ていてもやっぱり喉に流れるのはありますが、鼻せんをすることによって鼻せんのティッシュが食い止めてくれるというか、吸収してくれます。

いつの間にか鼻せんを取り換えず寝てしまっていても朝には外れていたりして、鼻で息していることも結構ありました。

鼻せんをすると口呼吸になるのでいびきをかくことも多くなりますが、しょうがないですね。

ただ口呼吸は結構喉を傷めてしまうので、エアコンはつけない、加湿する、というのは重要ですよ。

 

まとめ

鼻水が止まらないとき、風邪だけが原因じゃないときがあります。
あまりにつらいときはやっぱり病院で診てもらうのが一番ですね。

他の病気が潜んでいる場合もありますから、そんな時ずっと風邪と思い込んでいて放置していると大変なことにもなりかねません。
ですから、自己判断であれこれするより、とりあえず応急処置として鼻せんは何にも影響しませんから安心です。

スポンサードリンク

コメント