卒業式で母の服装でワンピースマナー!ストッキングやアクセサリー

mamasotugyou 入学式・卒業式

感動がいっぱいつまった卒業式、悩みポイントになりがちなのが「卒業式に何着よう?」ではないでしょうか?
卒業式ファッションには実はマナーがた~くさん。着るものやアクセサリー、持つものや足元まで実はNGがたくさんあります。
ここでそのマナーをしっかりおさえて卒業式で恥ずかしくないママになっていきましょう♪
ここでは洋装のマナーについてみていくことにしますね。

卒業式で母の服装でワンピースマナー

卒業式におしゃれなファッションのお母さんはとても多いです。子どもたちもおしゃれなお母さんでちょっとうれしそうな感じがしますよね。
卒業式でおしゃれをするのはもちろんマナーです。でも気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。それがコチラ☟

1.子どもよりも目立たない
あたり前のことですが、卒業式の主役は子どもたちです。ですので子どもたちよりも目立つのはNGですね(;´Д`)

2.平服で参加しない
平服、つまり私服はもちろんOUTです。卒業式はセレモニーです。しかも学校行事の中では特にフォーマルなもの。ですのでそれに合わせたファッションであることが必要になります。

それでは具体的にどんなファッションならOKなんでしょう?ここでは最近の卒業式ファッションでも多い洋装、特にワンピースやスカートを着用する場合のマナーについてみていきますね(*^^*)

1.ダークカラーで
卒業式は厳粛なものであることが多いです。また、フォーマルな場でもあるので基本的にはダークカラーであればいいと思います。ただしブラックフォーマルにしてしまうと地味になりすぎますので、ネイビーやグレーなどがいいと思います。ブラックを入れる場合には全身ではなく、パーツやポイントで入れるといいと思います。
たとえばワンピースの場合、ワンピースはブラックにしてジャケットは明るめのグレーやベージュなんかだといいかもしれませんね( *´艸`)

2.肌の露出は控える
式典になりますので、肌の露出は控えましょう。ワンピースやスカートは膝丈にし、胸元が開きすぎていないものにします。
腕を出すのもNGですし、フォーマルな場になりますのでジャケットは必ず着用してください。ここではカーディガンやボレロではなく、ジャケットを着てくださいね(*^^*)

3.素材などにも気を遣いましょう
スーツであれば問題はありませんが、ワンピースでジャケットとは別に準備をする場合にはその素材にも気をつけてください。ニットやコーデュロイなどの素材のワンピースはかわいいですが、フォーマルな場にはふさわしくありません。またサテン地も光沢が輝きすぎるのはOUTです。
さらに、プリント柄なども避けましょう。無地であれば問題ありません。

スポンサードリンク

これが基本的なマナーになります。ちなみにこれはあくまでも洋装の場合。和装の場合はまた違ってきますので注意が必要です。

 

卒業式の母の服装やストッキングの色マナー

さて、ここまではOKでしょうか?基本的なファッションが決まったら全身チェックをしていきましょう。フォーマルな場では足元までマナーがあるんです。実は。
たとえばストッキングは肌色のものにしましょう。3月はまだ寒いかもしれませんが、タイツはNGです。それからたとえストッキングだったとしてもブラックも含め、カラーもNGです。柄物も同じ。あくまでも自分の肌の色に合わせたヌーディーなストッキングにしてくださいね。
それから靴にも気を遣いましょう。サンダルやミュール、ブーツなどはNGです。またぺったんこ靴もNGです。歩きにくいかもしれませんがヒールのパンプスにしてくださいね♪でもだからといって高すぎるピンヒールもOUT。5cmくらいのものであれば問題ないでしょう。

 

卒業式で身に着けるアクセサリーマナー(母親)

さぁ、最後はアクセサリーです。身につけるアクセサリーは大きすぎるものや派手すぎるものは避けましょう。パールのネックレスやピアス・イヤリングなどがBetter( *´艸`)
ちなみにネックレスはシングルタイプのものがいいと思いますよ。
ファッションがダークカラーになる場合にはコサージュでポイントを入れましょう。コサージュは必ずつけなくてはいけないものではありません。でも、さし色程度に入れるのであればいいと思います。
とはいえ、コサージュにもNGがあります。

1.ベルベットやサテンなどの生地でできたもの
布生地自体がOUTという場合もあるようですが、確実にNGなのはベルベットやサテン。カジュアルだったり季節感がないベルベットや、光沢の強いサテンはNGなんです。

2.ビビットカラーや濃い色
濃い赤や青・紫など濃い色やブラック・ボルドー、ビビットカラーなどのはっきりした色は避けてください。ダークカラーのファッションにこのような色のコサージュはなんだか夜会のようになってしまいます(;´Д`)
しかもモノによっては顔色が暗く見えてしまって老けて見えてしまうことにも・・・( ゚Д゚)
これはやめなきゃいけませんよね~(;´Д`)

・・・老けて見えるのはなによりもNGです( ゚Д゚)
ですのでコサージュを入れるのであれば注意が必要ですよ(*^^*)

 

まとめ

いかがでしたか?参考になったらうれしいです(*^^*)
お子さんのハレの日はここまで一生懸命育ててきたお母さんにとってもハレの日です。もちろん主役はお子さんですのでアナタが目立ちすぎるのはNGですが、せっかくですもの。華やかにお子さんを送り出したいですよね~( *´艸`)
あくまでもフォーマルな場ですのでNGマナーには注意していただきながら、キレイなアナタでいてくださいね♪

スポンサードリンク

コメント