ホワイトデーにバラをプレゼントは本数に意味が!ドライフラワーもアリ?

rose ホワイトデー

ホワイトデーのお返しは決めましたか?これからというアナタ!恋人へのお返しにバラなんていかがでしょう?
キザなカンジがする?いえいえ。とんでもない!女性の多くは男性からお花をもらったらうれしいんです♪
そこで今回はホワイトデーにバラを贈ろうと思ってるorバラを贈ってみようかなと思ってる方のために、どんなバラをどれくらいプレゼントすればいいのかお教えしたいと思います♪

ホワイトデーにバラをプレゼントするなら

『バラの花をプレゼント』ってな~んかキザなカンジがしますか?実は花をプレゼントすることに抵抗を感じる男性は少なくないんだとか・・・

でも、もらう側からすると実はとってもうれしいんです♪実際に女性の8割が男性から花をもらうと「うれしい」「見直す」などの気持ちになるんだそう。
恋人じゃない男性からもらうと相手を好きになっちゃうこともあるみたい( *´艸`)

ですのでお花のプレゼント、オススメです。お花をもらった女性はステキな笑顔になりますしね♪
そんでもってどうせお花をプレゼントするなら王道中の王道、バラをチョイスしてほしいんです♪お花屋さんをやってるワタシのお友だちも「バラには特別な存在感がある」と言ってるくらいです。

プレゼントしたら女性のココロを動かすこと、間違いナシ!だと思うんです( *´艸`)
バラには赤やピンク、白や黄色など様々な色がありますよね。バラ全体としては『愛』や『美』といった花言葉があるんですが、実はバラには色ごとにも花言葉があるんです。

バラの定番といえば赤。赤いバラには『あなたを愛しています』『情熱』『熱烈な恋』という意味があります♪
ピンクのバラには『しとやか』や『上品』といったカンジでしょうか。

白いバラには『純潔』や『私はあなたにふさわしい』『深い尊敬』などの意味があります。
黄色は『愛情の薄らぎ』『友情』というような意味ですね(;´Д`)

・・・間違っても恋人には黄色いバラはプレゼントしないでくださいね。ワタシならもらってうれしいのはピンクですが(まったく無縁の言葉なので・・・)、赤や白のバラをプレゼントするのがいいんじゃないでしょうか。特に赤いバラには特別な存在感もありますし、オススメです♪

バラをプレゼントするならぜひ花束にしてください!しかも他の花を入れることなく、バラonlyで♪カゴに入ったアレンジとかではなく、生花のバラなら花束が一番ですよ~♪
個人的には色も一色がいいです。色々な色があるよりも特別なカンジがするとおもうんですよね~(*^^*)

 

ホワイトデーに贈るバラの本数に意味がある?

バラを贈るときに気をつけたいのは実は色だけではありません!バラには贈る本数にも意味があるんです。ここではそれを確認していきましょう。

1本
バラの花を一輪だけプレゼントする・・・さりげないオシャレと気持ちを感じることができます。プレゼントする側もしやすいですしね。
バラを1本贈るのには『一目ぼれ』という意味があるんです。しかも『あなたしかいない』という意味も込められてますから大好きなアノ人にプレゼントするにはオススメです♪

3本
3本のバラの花には『告白』という意味があります。これから告白するというときや、相手に合いを告げたいときに3本のバラとともに伝えてはいかがでしょうか。

5本
5本のバラは『出逢えたことの喜び』です。「アナタに逢えてうれしいよ」という意味をこめてプレゼントしてください。

スポンサードリンク

7本
バラを7本贈るときは注意が必要です。7本のバラには『ひそかな愛』『片想い』というような意味があります。ひそかに想いを寄せている相手に渡すならいいんですが、間違っても恋人には渡さないでくださいね。「ワタシがアナタのこと好きじゃないとでも思ってるの?」と怒られかねません(笑)

11本
ワタシがオススメなのは11本のプレゼント!なぜなら11本のバラには『最愛』『一途に想う』という意味があるから。
愛する方に贈るにはピッタリの本数です。これはもちろん恋人だけではなく、ご両親などに贈ってもOKだと思いますよ♪

99本
99本のバラは『永遠の愛』や『ずっと一緒にいよう』という意味があります。他にも『ずっと好きだった』という意味もあるので、ず~っと片想いをしていた相手や幼なじみなんかにプレゼントするといいかもしれませんね。

100本
100本のバラ!ものすご~い存在感がありますね。一度見てみたいくらい( *´艸`)
そんな100本のバラにはその本数のごとく『100%の愛』という意味があります。完全なるアナタへの愛・・・っていう意味をこめて贈ってみてはいかがでしょうか。
もうひとつ、100本には『白髪になるまであなたを愛します』という意味も込められてます。奥様に贈ってもいいかもしれませんね。

108本
108本には『とわ=永遠』ということから、プロポーズのときにプレゼントする人が多いんです。そんなことから108本には『プロポーズ』という意味があるんですよ( *´艸`)
プロポーズのときに108本ものバラの花束があったらそれだけで即答OKしちゃいそうです♪

本数にもいろんな意味があるんですね~。
贈るときの参考にしてみてくださいね♪

 

ホワイトデーのお返しでドライフラワーも喜ばれる?

「花束って枯れるんじゃない?」なんて心配になりますよね?せっかくプレゼントしたお花が枯れちゃったらアナタも恋人も悲しくなっちゃうかもしれませんね・・・。
生花なら仕方ないことでもあります。生花には生花特有のキレイさとはかなさがあります。それがまたいいんですけどね。

でもやっぱりせっかくのプレゼントですもの。枯れちゃうのは寂しいですよね?そんなアナタに枯れないバラはいかがでしょう?

「ドライフラワー?」って思いました?Non Non!ドライフラワーはたしかに生花より長持ちします。それは乾燥してるから。
でも乾燥してるってことはイコール水分がないってこと。みずみずしさのないお花をもらってうれしく思う女性は少ないです(;´Д`)

生花をもらった後に女性自身がドライフラワーにするなら別ですが、はじめからドライフラワーをプレゼントするのは避けてください!

ワタシがオススメしたいのは『プリザーブドフラワー』です!プリザーブドフラワーはドライフラワーのように乾燥させるのですが、特殊な液につけるので生花と同じくらいのみずみずしさがあります。
しかも、様々な色に着色することができるので生花では難しいとされている青いバラや虹色のバラなどもあるんです♪

さらに、プリザーブドフラワーのすごいところは長持ちをするということ!生花よりはもちろん、ケースなどに入れて空気に触れないようにしておけばず~っと長持ちするんです♪

プリザーブドフラワーはバラの花を使っているものが多いのでオススメです。
プリザーブドフラワーにする場合は花束は難しいのでアレンジがオススメ。
かわいいものがたくさんありますのでぜひチェックしてみてくださいね♪

 

まとめ

実はバラの香りには様々な美容効果もあります。ますます女性へのプレゼントにはオススメのお花なんです。
ぜひ恋人のステキな笑顔を引き出してくださいね♪

 

スポンサードリンク

コメント