上野恩賜公園で花見の場所取り攻略!桜ライトアップ時間や駐車場は?

uenopark

今年はどこにお花見に行くか決めましたか?お花見の時期って有名スポットは軒並み混雑しますよね(;´Д`)
そこで大切になるのが場所取り。場所取りを制する者はお花見を制する!と言ってもいいくらい重要なものになります。
そこで今回はお花見を考えてるアナタにピッタリ。お花見で有名な上野恩賜公園の場所取りアレコレについてまとめてみました♪

上野恩賜公園で花見の場所取り攻略

上野恩賜公園といえばお花見スポットとしては有名ですよね。駅からのアクセスも抜群ですし、毎年TVでも中継されるくらいです。
といいうことは・・・そうです。ものすご~く混雑してるんです(;´Д`)
ですので場所取りは必須となります。ということで、まずはどこに場所を取るのかということから。

実は上野恩賜公園のお花見スポットってそんなに広くはないんです(;´Д`)
有名なのは桜並木のある中央園路ですね。

でも実はここって実は100mくらいしかないんです(;´Д`)
ですから場所取りする人たちはみんな上野駅からダッシュしてきます(笑)
ここで場所取りをする場合には事前に下見をしておくことをオススメします。
それ以外のスポットでももちろんお花見は十分できます。
中央園路ほどの桜並木ではないですが、不忍池や上野東照宮周辺は比較的落ち着いてお花見をすることができますので、あんまり混んでるのはちょっと・・・というグループにはオススメです。

さて、それでは場所取りのコツについて確認しておきましょう。
場所取りのコツはなんといっても事前の情報収集。これに限ります。
まずはネットなんかでチェック。チェックするのは・・・
1.お花見スポット
2.スポットのルール
3.混雑状況

です。上野恩賜公園ならお花見スポットは先ほどのように中央園路がオススメですね。そのうえでルールを確認しておきましょう。
ルール違反はしないようにしたいもの。ちなみに上野恩賜公園の場合は23時~翌5時までは立入禁止です!つまり徹夜での場所取りはOUTということなんですね。

残念なことにルール違反をする人は必ずいるのですが、基本的にはマナーを守って楽しくお花見したいもの。ルール違反が増えるとお花見自体が禁止になってしまうかもしれませんもんね~(;´Д`)
混雑状況を知ることで場所取りに行く時間を決めることができますので、こちらもチェックをお忘れなく。

事前の情報収集ができたら実際に下見に行ってみましょう。下見に行くときのポイントは・・・

1.どこでお花見をするか(どこに場所を取るか)
2.第1希望がダメだった場合はどうするか
3.実際の桜の見え方
4.トイレとゴミ箱の位置

これです!とくに1.については自分たちが座ってお花見をすることをイメージして地面がどうなっているのかも確認してください。凸凹してたら座りにくいですし、アスファルトのうえだと寒いので座布団などが必要になるかもしれません。
でも、とっても重要なのは実は4.なんですね。お花見をする時期はまだ肌寒いです。これにお酒が入ればトイレも近くなってしまいます・・・ですのでトイレの位置チェックは欠かせません。
あまり近くでもキツイですが、遠すぎるのもNG。ほどよい場所を探すのが重要なんですね~。

これはゴミ箱も同じ。後片付けをする時にパッとできるように、あらかじめ確認をしておきましょう。

それでは場所取りに必要な持ち物をチェック。
1.ビニールシート
2.ガムテープ
3.大きめの紙&油性ペン
4.食料&防寒グッズ

スポンサードリンク

こんなところでしょうか。まずビニールシートはお花見の人数がラクラク座れるくらいの大きさを準備してください。
でもだからといってあまり大きすぎるのは周囲からヒンシュクをかってしまいます。適度な大きさにしてくださいね。

ガムテープはビニールシートを固定するときに使います。風で飛んだりするのを防いだり、他のグループに撤去されたりしないようにするんです。
その際にビニールシートに『お花見日時・グループ名』などを書いた紙を貼り付けておくとたとえその場所を離れることになったとしてもアピールすることができます。

ついでに防寒グッズなどは言わずと知れたものですが、段ボールがあると座布団の代わりになったりもするので便利ですよ( *´艸`)
ついでにシートを敷いた状態(固定した状態)で写メを取っておくと、他のグループに撤去されるなどのトラブルの場合に対応しやすくなりますよ~。

最後に場所取りをする時間について。
これはいつお花見をするのかということや天候によっても異なるとは思いますが、ここでは平日と週末にわけてみていきますね。

○ 平日の場合
平日にお花見をする場合には当日の朝からの場所取りで大丈夫だと思います。もちろん公園が開く時間に合わせて行けば確実です。

○ 週末の場合
週末はものすご~く混雑しますので、前日からの仕込みをオススメします。かる~く考えてるとメインの場所はまず不可能です。
なんとかスペースを確保できたとしても桜が全く見えなかったり、全員が座れなかったりすることもあるかもしれません。ここは気合を入れていきましょう。

週末の場合は前日の20時頃までには到着していたいもの。23時以降は閉園しますので夜中にいると不法侵入になりかねませんし・・・もしくはもう少し早めに到着をしておいて、もしそこで別のグループがお花見をしていたらだいたいの終わりの時間を確認し、終わったらそこで場所取りをしたい旨を伝えておきましょう。

そのグループが片付け次第場所取りに入ればOKです。
場所を確保したら23時まではがんばりましょう。それ以降はいったん公園を離れ(居続けるとマナー違反になりますので)、カラオケなんかで時間をつぶしてください。
5時の開園と同時に戻ってくればOKです。
だいたい7時頃には清掃員さんがおそうじに入ると思います。その時には確実にシートの上にいてくださいね。

 

上野恩賜公園で桜ライトアップの時間は?

さて、上野恩賜公園では毎年『うえの桜まつり』が開催されています。この期間中は桜がライトアップされ、と~ってもキレイになります。
桜の開花時期に合わせて開催されるのでまた日時は未定ですが、桜の開花宣言に合わせて行われているようですのでチェックしてみてくださいね。

ライトアップは例年20時までなのでお花見の時間&場所取りの時間の目安にしてくださいね。

 

上野恩賜公園駐車場は混む?

お花見って地味~に荷物がいっぱいありますよね?しかも場所取りもするなら車で・・・と考える方もいるかもしれません。
でも、そうでなくても混む公園周辺の駐車場です。お花見の時期にはさらに混むことが予想されます。

確実に駐車したいなら公園側の駐車場ではなく、区役所側の駐車場の方がいいかもしれません。
でも車でお花見に参加しちゃうとお酒を飲むことができません(飲まない人はいいんですけどね)
ですので場所取りや荷物を運ぶためなどに車を使って、そのあとはいったん車を置いてくることをオススメします。

 

まとめ

お花見激戦区の上野恩賜公園。圧巻の桜並木が見られる分、事前の準備やチェックは欠かせません。ぜひ参考にしていただいて、と~っても楽しく盛り上がるお花見にしてくださいね♪

スポンサードリンク

コメント